1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

那須川天心がどれくらい強いのかをまとめました

Hakkasanさん

那須川天心

名前:那須川天心
Tenshin Nasukawa
出身地:日本・千葉県
生年月日:1998年8月18日
身長:165cm
体重:57.0kg

「キックの神様が作り上げた最高傑作」と呼ばれる天才ファイター。
14年7月にプロデビューし、15年5月にプロ6戦目・史上最年少16歳でRISEバンタム級のベルトを奪取。同年8月に行われたBLADEの-55kgトーナメントでは、各団体の王者が集結したこのトーナメントを3戦連続KO勝利で優勝。
16年12月のKNOCK OUT旗揚げ戦では、タイ・ルンピニースタジアム現役スーパーフライ級王者を狙っていたというバックスピンキックを顎にヒットさせ衝撃のKO勝利を挙げた。

MMAデビュー戦となった16年大晦日のRIZINでは、29日、31日と二連戦・連勝し、天才のデビューに相応しいインパクトを残した。
17年4月の横浜大会ではフランシスコ・ギリオッティを秒殺KO、同年7月には才賀紀左衛門とMIXルールで対戦し、強烈な左ストレートで才賀をマットに沈めた。続く10月のRIZIN.7ではMMAルールでアマチュアボクシング5冠の藤田大和と打撃で真っ向勝負し、判定3-0の完封勝利を挙る。

17年の年末にはRIZINキックボクシングトーナメントに参戦し、1回戦で浜本“キャット”雄大をKO、決勝では10月大会で対戦した藤田大和と再戦し、圧倒的な強さで3ノックダウンを奪いトーナメント優勝を果たす。翌18年5月のRIZIN.10では中村優作を2R TKOで退ける。続く6月のRISEで強敵のロッタン・ジットムアンノンに判定勝利し、RISE初の世界王者を奪取。
9月のRIZIN.13では自身の憧れでもある堀口恭司と「世紀の一戦」との名に相応しい熱戦を繰り広げ、連勝記録を伸す。
そして、昨年大晦日のRIZIN.14ではスーパーエキシビジョンマッチで日本人で初めてフロイド・メイウェザーと対戦したが1Rに3回ダウンを喫し、セコンドのタオル投入により試合は続行不可となった。しかし、キャリアや体格差をものともせず、勇敢に立ち向かうその姿は多くの観客に勇気を与えた。

19年4月のRIZIN.15ではマニー・パッキャオの推薦選手、フリッツ・ビアグタンと対戦し、打たれても攻めてくるフリッツを3Rに右ストレートからの膝でマットに沈めた。連戦となるRIZIN.16でもISKA世界王者を下し、世界タイトル三冠を達成。今年もRIZINを、そして日本の格闘技界を牽引する。

数々のタイトル

【極真空手(松井派)】

・2009国際青少年空手道選手権大会10歳男子-40kgの部 優勝

・極真空手ジュニア世界大会2009 優勝

【アマチュアキックボクシング】

・KAMINARIMON-35kg級王者

・Bigbang 50kg級王者

・Bigbang 60kg級王者

・全世界アマチュアムエタイ金メダル

・ムエロークジュニアトーナメント 2010 優勝

・M-1ムエタイチャレンジ40kg級王者

・M-1ムエタイチャレンジ45kg級王者

・M-1ムエタイチャレンジ50kg級王者

・初代MAキック Jr. 42kg級王者

・藤原敏男杯 2012 全国大会 50kg級 優勝

・藤原敏男杯 2013 全国大会 55kg級 優勝

【プロキックボクシング】

・第6代RISEバンタム級王座

・BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 優勝

・ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座(2016年)

・RIZIN KICK ワンナイトトーナメント2017 優勝

・初代RISE世界フェザー級王座

那須川天心のここが凄い!!

那須川天心選手の特徴は、

どんな強敵でも、絶対に後ろに下がらず、、、

前に前に攻めるところですね!!



そこが、

那須川天心選手の最大の魅力でしょう!!!



那須川天心選手は、

『RIZIN』で総合格闘技デビューを果たしており、、、

4戦全勝という戦績を残しています!!!



当然、

打撃も、総合格闘技のテクニックも、簡単に身に付くものではありません。。。



普通の人間であれば、

それこそ何年も掛かって、技を自分のモノにしていきます。。。



ところが、

那須川天心選手は、数回しかやっていない技でも、

実践で使うことが出来るのです!!!



それは、

那須川天心選手が持つ『イメージ力』です!!!



誰かが使った技や、

誰から習った技を記憶に残す。。。



那須川天心選手は、

自分の頭や身体で覚えた技を、

次から使えるようにと、常に心がけているのです!!

メイウェザーとの試合は伝説となった!

負ける姿が想像できないほどの快進撃を続けてきた那須川天心ですが、2018年の大晦日にエキシビジョンマッチとしてボクシングの世界5階級制覇王者「フロイド・メイウェザー・ジュニア」に3度倒されてのTKO負けを喫しました。

エキシビジョンマッチなので戦績に負けはつきませんが、この衝撃は多くのファンの心に刻み込まれたことでしょう。

同じ条件で負けたのならともかく、今回は自分よりも2階級以上体重の重い相手と、しかも「相手のルール」で戦ったんです。

さらに、ボクシング史上最強とも噂されるメイウェザーが相手。

普通に考えれば「負けて当然」なんですよ。メイウェザーも自分より体重が2階級も重いキックボクシングの世界王者と戦えば「ほぼ100%負ける」でしょう。

野球のイチローがプロサッカー選手とサッカーをすれば負けますし、囲碁の名人が将棋の名人と将棋をすれば必ず負けます。

つまり、地球上のどれだけ優れた人間でも不利な状況でやれば負けるんです。

だからこそ那須川天心VSメイウェザーの一戦で「那須川 = 弱い」という方程式が成り立つことはないはず。

むしろ那須川天心が強すぎるがあまり、RIZIN側が大金を積んでこのようなマッチメイクを組むに至ったということでしょうね。

SNSの評価は?

那須川天心は、ルンピニーやムエタイのジムに行って、自分より上がおるということを体験したうえで、そういった選手をどう倒すか。どうやって強くなるかってのを探ってる 言わば、最強では無いということを分かってるというか… 自分が立ってる位置はまだ通過点だと知ってると言うか…

那須川天心日本に留まりたくないって言ってたけどどこでキックボクシングやるのかな、Bellator kickかな、そもそもキックボクシングなのだろうか。

那須川天心選手は今だからこそ 武尊選手とやって欲しい 負けてからの戦い方をわかってるもの同士 勢いよりかもいいものが見れそう ホント勝敗は予想が付かない どちらも弱点を強さを知ってての心理戦リズムの息を飲むような試合を見たい!

1 2