1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

共働きの影響?父親の教育参加で生じる「教育虐待」が危険すぎ

中学受験などでよく見受けられる「教育虐待」ですが、今は父親の教育参加によって事態は複雑になっているようです。

更新日: 2019年07月06日

40 お気に入り 108076 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■教育虐待

教育熱心すぎる親が、子どもを過度に追い詰めてしまうことがある。それを近年「教育虐待」と呼びます。いわば「中学受験のダークサイド」

子どもが宿題や習い事の練習をさぼったり、成績がふるわなかった時、つい強く叱りすぎてしまったり、時には罰を与えてしまったり…。そんな話を聞くことも

親が子どもをスケジュール漬けにしていることが、現在の教育虐待です。でも、子どもをそんなスーパーマンみたいな人間に育てようとすることは、果たして現実的でしょうか?

■追いつめられる子供たち

勉強は夕食後、毎日約4時間。夕食を食べ終わると1分も休まずに勉強を始めなければならなかった。サボらずにやっているか、10分おきに母親が進み具合をのぞきに来た

子の人権を無視して勉学や習い事などの教養を社会通念上許される範疇を逸脱して無理強いさせる行為

■この教育虐待、今は「父親」によって行われるケースが多くなっているという

昔から教育熱心なのは母親のイメージが強かったが、近年は父親が自分の理想を子どもに押し付け、行き過ぎた指導で子どもをダメにしてしまうケースが目立つ

中学受験の多くは、母親が主導権を握っていたのですが、この十年で受験には門外漢と言われていた父親の関わりが目立つようになってきました。いわば「父親の母親化」

「自分の子どもをどうしつけようが、俺の勝手だ」「子どもを殴るかどうか、他人にとやかく言われる筋合いはない」などと話す

■父親の教育虐待は「期待と愛情のアンバランス」や「思い込み」からエスカレートする

暴力をふるうなど「教育虐待」にまで至る父親の行動は、わが子に対する期待と愛情のアンバランスから起こる

「子どもは自分のもの」という所有意識ゆえに、子どもに勉強させるために厳しく叱責するのも、暴力を振るうのも、自分の勝手だと思い込む

■男性は女性よりも攻撃的になりやすい

男性ホルモンのひとつテストステロンは、攻撃的な行動に関係していることが知られてきました

虐待の根底にあるのは『力による支配』です。加害者は、暴力や暴言によって子供に恐怖心を植えつけ、強引にでも従わせようとする

■子どもを追い詰めない為にはどうすればいいのか?

しつけと虐待の違いは、実にはっきりしています。自分の考え方に従わせる行為そのものは指導でもなければしつけでもありません。それは、服従であり、飼育と言います。

教育熱心な親ほど、教育虐待に走りやすい。そのことを肝に銘じ、4つの特徴が自分自身にもあるのではないかと親はわが身を振り返らなければならない

「子どもたちは、愛に満ちた環境で育てられる必要がある。支配が存在するところには、いつも愛が不足している」

1 2