1. まとめトップ

【3分で学ぶ】夏までに最短で痩せるランニングのススメ

夏に向けて海や旅行など様々な理由で痩せたい方がいると思います。そんな方々に向けて、夏までに少しでも効率よく痩せるためのランニング方法をまとめてみました。

更新日: 2019年07月07日

3 お気に入り 3932 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夏に向けて海や旅行など様々な理由で痩せたい方がいると思います。そんな方々に向けて、夏までに少しでも効率よく痩せるためのランニング方法をまとめてみました。

momimoyashiさん

痩せやすいのは朝のランニング!!

出典gahag.net

ダイエットのためには、ランニング時間は20~30分が目安と言われています。その理由は、20~30分ほどで糖質がなくなり、脂肪がエネルギー源として多く使われるようになるからです。

朝のランニングがダイエットに効果的な5つの理由 - RUNNAL[ランナル]

朝は前日の夜から10時間近く何も食べていないため空腹状態で糖質が不足しています。
そのため、普段のランニングよりも早い段階から脂肪をエネルギーとして利用でき、朝はより脂肪を効率的に燃やすことができます。

しかも脳にもいい!!

アメリカ・イリノイ州のとある学区が0時限体育を取り入れて以来、生徒たちの成績は17%も伸びたそうです。「TIMSS」(国際数学・理科教育動向調査)において、理科のテストで一位、数学のテストでは六位となったのです。


<https://jmatsuzaki.com/archives/17440>

脳の働きと体の働きは密接に結びついているということです。
近年の研究では、運動が生物学的変化を引き起こし、脳のニューロンを結びつけることがわかっています。

走る距離はどれくらいがいい?

ランニングで消費するカロリーは、体重(kg)×距離(km)。50kgの体重の人が10km走れば、500kcalの消費になります。1日に必要な基礎代謝量は一般成人男性が1500kcal、女性が1200kcal。

摂取した1日のカロリーから基礎代謝量をマイナスした差異が過剰摂取量ですから、ランニングの消費カロリーが、過剰摂取カロリーを上回ればダイエットへの道は開けるのです。

朝食はいつとればいい?

ランニング前、後で適した効果のあるエネルギーを摂取する必要があります

ランニング前
効果:糖質などのエネルギーを補充すれば、効率よく走れる
オススメの食べ物:バナナ、おにぎり

ランニング後
効果:疲労回復、体づくり
オススメの食べ物:ヨーグルト、野菜ジュース、おにぎり、プロテイン

ランニングの消費カロリーは、距離が伸びるほど増えます。しかし、始めは糖がエネルギー源。脂肪を燃焼させるには、20分以上走り続けなければなりません。走る速度は、会話で息切れしない程度のスローランニングが理想的。1時間8km、30分4kmのゆっくりペースがおすすめです。

1