1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

終活支援「エンディングノート」が無料でもらえる?

終活を語るうえで頻繁に出てくるのが、エンディングノートである。

自身の中で整理し、残された家族が困らないようメッセージを残すなどまとめるのに活用したい。

地方自治体によっては、市役所でエンディングノートを無料で配布していることがあります。

自治体が配布しているエンディングノートは、主に市役所や区役所の福祉課などの窓口で入手できます。

なお、自治体や行政書士事務所では、配布用に紙で用意されているもののほかに、ホームページから入手できるダウンロード版が用意されている場合もあります。

自分が住んでいる地域ではどのような終活の対策が行われているか、是非一度調べてみてはいかがでしょうか。

フリマアプリの転売に注意「ヘルプマーク」は無料です!

身体機能等に特に基準を設けているわけではなく、発達障害、知的障害や精神障害がある方も、対象者として想定されています。

原則として、ヘルプマークを受け取るにあたって障害者手帳の提示等は必要ありません。(一部自治体では書類の提出が必要ですので、事前にご確認ください)

本人が訪れる必要はなく、家族などの代理人が受け取ることも可能です。

一部自治体では郵送で送ってもらうこともできますので、各自治体のホームページ等でご確認ください。

健康診断を受けるなどの健康づくりでポイントを貯めて好きな商品と交換できる。

住民の健康づくりの活動にインセンティブを与える「健康ポイント制度」を導入する自治体が増えている。

参加する住民が健康づくりのために運動をしたり、健診を受けたりすることでポイントがもらえるという仕組みで、導入する自治体が広がっています。

ウォーキングをしたりトレーニングジムに行って運動をしたり、あるいは定期的に健康診断や保健指導を受けるなど、健康の維持・増進のための活動に対してポイントを付与します。

大阪府では18歳以上の府内在住の方なら誰でも参加でき、専用スマートフォンアプリをダウンロードしていただくことで参加できます。

ポイントがたまると景品やクーポンなどの特典と交換できるというメリットがあるため、やってみようという動機づけになり、続けていく上でのモチベーションにもつながります。

自分が暮らしている町では健康ポイント制度があるのかどうか、調べてみてはいかがでしょうか。

自治体の会議に出るだけで報酬が貰える!

自治体では事業計画や制度策定のための委員会や会議があって、議員や有識者に加えて一般市民も募集しています。

1 2