1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

髪の毛を乾かすためのドライヤー!

多くのご家庭に常備されているであろうドライヤー。

ドライヤーといえば髪を乾かす道具、 もはや誰でも知っている事ですが、そんなドライヤーにも色んな使い道があるのをご存知でしょうか?

実はドライヤーには色々な活用法があるんです

▽食材の解凍に!

食材のなかには、電子レンジを使わずに自然解凍させたいものをあります。だけど、「冷凍庫から出すのを忘れてしまった」なんてこともあり…。そんなときは、ドライヤーの冷風をあてて解凍を早めることができるので覚えておくと便利です。

ご飯を金属の容器に入れて冷凍してしまったため、ドライヤーで解凍することにした pic.twitter.com/tOqd6IeQNx

魚を解凍してなくて急いでる時はレンジ使わずにドライヤーで解凍してる、この方が早いよね(笑) pic.twitter.com/Z0G1C3zDUW

▽ドライフラワー作りに!

ドライフラワーを早く完成させたいときは、ドライヤー乾燥がおすすめ。1〜2週間かかる自然乾燥に比べて、ドライヤーを使えば時短で仕上がります

ドライヤーを当てる時に、時々直接花を手で触って水分の抜け具合を確認しながら行うのがポイントです。

ドライヤーでドライフラワー作るやつほんとにふわっとした感じになる!! pic.twitter.com/tEf01NOyEj

だいぶ良い色になったのでドライフラワーにしてみます 方法がたくさんあるみたいなので少しずつ試してみます 1枚目は普通の方法! 2枚目はドライインウォーターという方法! 3枚目はドライヤーで乾燥! シリカゲルはないので今回はこのやり方にしてみました 実験みたいで楽しい pic.twitter.com/LBhMEteGLn

パパから貰った薔薇は1日たりとも花瓶に入れず速攻ドライヤーとシリカゲルでドライフラワーにしたんだけどなかなかアンティークな感じで気に入っている。 いつかこういうのが似合う家に住みたいなー(♡´▽`♡) pic.twitter.com/GTDBIJdkuX

昨日スーパーで綺麗なカスミソウがあったので購入( ´ ▽ ` ) ドライヤーでドライフラワー作る方法調べて作ってレジンに入れてみた( 'ω') 残りは自然乾燥させてみる〜 #レジン pic.twitter.com/F71NIKNFFq

▽傘の撥水効果が復活させたい時に!

お気に入りの傘の撥水加工がなくなってしまったら、ドライヤーの温風を当ててみて。

撥水効果が施されている傘は、フッ素を使って加工をしています。ところが、使っているうちに摩擦などによって、撥水効果も弱まってくるんだとか。そこで傘の生地の表面に温風を当てることで、フッ素加工の樹脂を起き上がらせることができ、撥水効果が復活するようです。

傘にドライヤーをかけたら撥水効果が戻るってガチだった

やっと重い腰を上げて傘にドライヤーかけたら撥水機能が回復してくれてめちゃくちゃ気持ちいい

▽シールを綺麗に剥がしたい時に!

企業のPR用、商品の値札、子供のイタズラ、はたまた自分でよかれと思って貼ってしまった数々のシール...。ビタっと貼りつき、なかなかキレイに取れないことがありますね。

一番簡単なのは「熱風にあてること」!熱風により、シールの粘着が弱まり剥がれやすくなります。ドライヤーでシールが貼ってある面を10秒ほど温め、ゆっくりをシールを剥がしてみてください。

1 2