1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

この度の参院選も、自民党が大勝することが確定しました。野党の敗因を分析し、ここからの一発逆転を狙う秘策を伝授します。

「負け」は「醜い」 「負け」は「愚か」 「負け」は「弱い」 「負け」は「存在価値がない」 野党議員や野党支持者の方が「正しい」「賢い」ならばなんで「負ける」んですか? 「野党」は「醜い」 「野党」は「愚か」 「野党」は「弱い」 「野党」は「存在価値がない」 それが「現実」 #自民党2019

だいたい、貴方が人の親だとして、 「弱くて醜くて愚かで存在価値のない方の味方になりなさい」 って、自分の子供に教育しますか? しませんね? 「勁くて美してくて賢くて存在価値のある方に味方しなさい」 というのが 「人の道」 です。 #自民党2019

野党支持者の皆さんは社会的地位が低く、給料が少ないのを政治のせいにするような無能者の群れでしたね。 与党支持者が勤勉に一切文句を言わずに一生懸命働いて社会的地位を上げている間、デモをして「キュ、給料をあげろぉー」「僕が貧乏なのは政治が悪いのダー」 #自民党2019

私が社長なら、文句を言うお前らに一銭だって金は払いません。 クビです。 最低賃金? そんなものがあるから、最低賃金以下の連中がダラダラしていても最低賃金を盗めるから、生産性が上がらないのです。 #自民党2019

雇った側の評価によって時給0円でも良くすれば 「頑張った人」「有能な人」にいくらでもお金を上げられます。 それこそが真の 「頑張った人が報われる社会」 =「頑張らなかった者は死ぬという当たり前の原則が働く社会」 です 「それが嫌だ」というならば、貴方は無能者グループです #自民党2019

最低賃金1500円だの1300円だのと喚いている野党があります 「努力したくないから」 「選挙に行かずにデモ=テロで脅迫して法律を変えさせよう」 (選挙にも言っている?だったらどうして野党は野党のままなんです?) そんな連中が集まっているのが 「野党支持者」 ということです。 #自民党2019

同じ職場に 「どうして無能なのに俺と同じ給料を貰っているんだ」 というクズがいて 「コイツの取り分は俺の物だ」 「コイツの給料が0円になれば俺がもらえる」 「それが出来ないのは『頑張った人が報われる社会』じゃないからだ」 「与党を支持しよう」 これが 「普通の人間」 です #自民党2019

生産に寄与しない者には一切お金を払わない 生産に貢献したら幾らでも高いお金を払う それが、正しい労働制度です。 野党も票がほしいんだったら、こうした「厳しい現実」のステージに立って堂々と議論した上で、与党を論破して支持を得ればいいだけです。 #自民党2019

なぜ野党が支持を得られないか? 「最低賃金1500円」 こうした言葉を喜ぶような 「生産能力皆無のクズ」 且つ 「人格面が怠惰でクズ」 両方を兼ね備えた人間のクズは過半数いないからです。 民主主義制度では51%が100%で49%は0%だから、これは証明された事実です。 #自民党2019

無能者の大半も 「自分が貧乏なのは自分が悪い。政治のせいじゃない」 「自分が貧乏なのは自己責任であることを自覚し、お金を払うだけの価値があると納得いただけるまで黙って頑張ろう」 という 「無能ではあっても怠惰ではない能力面だけクズ」 だから野党の甘言には騙されないのです。 #自民党2019

もし、野党が自民党に勝ちたいならば、話は簡単です。 ここまで私が書いてきたような「厳しい」労働政策に転換することです。 国民が求めるのは「優しさ」ではありません。 自らを厳しく鍛え上げてくれる「厳父」なのですから。 #自民党2019

1