1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

期待作多数!7月発売の新作「青年マンガ」

2019年7月に発売される注目の新作「青年・男性マンガ」7作品。『神さまの恋人』、『てんぷる』、『キッズファイヤー・ドットコム』、『静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。』、『まくむすび』、『ぽんこつポン子』、『しょうもない僕らの恋愛論』。

更新日: 2019年10月14日

8 お気に入り 5445 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『神さまの恋人』(原作:伊賀大晃 漫画:月山可也)

“幻の昭和64年”を再現した仮想空間「64 TOKYO」を舞台にしたバーチャルサスペンス。アルバイト生活を送る青年・神太郎(ジンタ)は「64 TOKYO」の開発者だ。いつものように「64 TOKYO」を訪れたジンタは、そこでとある犯罪に巻き込まれてしまい…。

神さまの恋人 やばいいいいいいい すごい楽しい! 次号はいつなのおお

◆『てんぷる』(吉岡公威)

そうだ、出家しよう! 煩悩まみれの赤神明光はストイックに生きるため寺を目指した。しかし、そこは美少女ぞろいの尼寺だった!!『ぐらんぶる』の吉岡公威が描く、底抜けにうらやましい新生活ラブコメディー!!!

吉岡公威先生の「てんぷる」がドタバタラブコメでとても心地イイ。

吉岡公威先生の描く女の子好き てんぷるなかなか良かった

◆『キッズファイヤー・ドットコム』(原作:海猫沢めろん 漫画:川口幸範)

新宿歌舞伎町『BLUE†BLOOD』二代目店長・白鳥神威は自他ともに認める歌舞伎町NO.1カリスマホスト。 ある日、神威が家に帰ると、家の前に知らない赤ちゃんが――! ナルシストで超ポジティブなカリスマホストによるハラハラドキドキ歌舞伎町ワンオペ育児!

ヤングマガジン『キッズファイヤー・ドットコム』がなかなか面白くて興味深い。

キッズファイヤー・ドットコムのコミカライズ、なんか普通に人気出そうだな。めろん先生の時代が来てしまうのか……

◆『静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。』(石川秀幸)

明治時代、“恋愛”という言葉が日本に初めて生み出された。武家出身の静と凪は互いに惹かれているはずなのだが、“好き”という自身の“恋心”すらも分からない。新時代を生き抜くために、医者を目指す二人だが、全てがいじらしい日常を過ごすことに。

[第1話] 静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。 - 石川秀幸 | となりのヤングジャンプ tonarinoyj.jp/episode/108341… この漫画のシリーズはあの!赤坂アカ先生が応援している漫画です( ゚Д゚)! 時代は明治―。ピュアなキャラ達の恋愛には思わずニヤニヤしてしまう( ˇωˇ )うん。尊い #おすすめ漫画

「静さまは初恋である、浪漫斯はまだない。」 最近読んだのですが、こういうウブな恋愛モノが割と好きです。(好き)

◆『まくむすび』(保谷伸)

仙台星見高校に入学した土暮咲良には、友人・カレンにも言えない秘密があった。それは「漫画を描く」という創作活動のこと。…ある“きっかけ”で創作を諦めかけていた咲良だったが、「高校演劇」との出会いによって、彼女の日常は劇的に変化していくことに。

舞台を観ると「こんな事出来るんだ」という発見がある。今回はその楽しさを分かりやすく描いていた。 青葉校の演劇も生で観たい。まくむすびの劇中劇を実際の演劇にするのも面白いよね。そんな妄想を広げた第14話 [第14話] まくむすび - 保谷伸 | となりのヤングジャンプ tonarinoyj.jp/episode/108341…

1,「まくむすび 」 保谷伸 最近ヤングジャンプで連載された高校演劇漫画 高校から演劇に打ち込んでた自分にメチャクチャ刺さる。表現の楽しさと難しさ、演劇部あるあるなど、描写の1つ1つが高校時代の自分を思い出す。 アクタージュを読んでる人は、こちらも是非読んでほしい

◆『ぽんこつポン子』(矢寺圭)

ちょっぴり未来、さびれた海辺の町で繰り広げられる、どたばたスローライフコメディー。妻を亡くし、静かに余生を送りたいと考える頑固ジジイ、吉岡の元にメイドロボットが突然現れて…その人生が大きく変わっていく!?

お、ぽんこつポン子の単行本1巻は7月30日発売か。これ、スピリッツ新連載では久々の当たり作品でかなりオススメだから読んでおくとよいぞよ。

第1話からず~っと面白いなー、ぽんこつポン子 ポン子のロボットらしからぬ言動に妻を亡くしたばかりの頑固じいさんの心が少しずつほだされていく、なんて当初から分かり切っていた展開だけど、それでも日常コメディとしてしっかり和まされる、いやほんと上手いわ #スピリッツ

1 2