1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

帰宅時は要注意!「蚊」を家の中に入れない方法と対策

夏の代表的な害虫「蚊」は隙あらば私たちの生活する家の中に侵入してきます。そんな「蚊」をできるだけ屋内に入れないための対策と方法を紹介します。

更新日: 2019年07月09日

14 お気に入り 14917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mementmementさん

この季節いつのまにか家の中に侵入してくる「蚊」。

蚊は知らないうちに部屋の中に入ってきます。マンションの上層階であろうと、どこであろうと、なぜか入ってきますよね。

夏の代表的な害虫「蚊」は隙あらば私たちの生活する家の中に侵入してきます。そんな「蚊」をできるだけ屋内に入れないための対策法を紹介します。

帰宅時は要注意!家に入る前に事前の対策を

まずは体の周りを、できるだけタオルハンカチなどで風を送って払います。とにかく蚊は風に弱い。バサバサ風を起こせばいったん体から離れます。

玄関は間口が大きく網戸がないので、蚊が非常に入りやすいポイントです。人間に服や持ち物くっいて高確率で侵入してきます。

そのあとできるなら、自分の頭の上くらいに、蚊の嫌がるアロマのミストをシュッと吹きかけて、その下を自分でくぐります。

来客時は「扇風機」を使う

もし、ご自身が家にいて、宅配便が来たときなどに扉を開けるのなら・・・。室内から玄関に向かって、扇風機を強風で回してください。

蚊は強い風が苦手。どうしても外から人が入って来る時は扇風機で外に風を送りましょう。

風向きは家の中から窓や戸口などの外に向かって吹くようにすれば蚊が部屋の中に侵入できなくなります。

網戸や通気口のチェックも忘れずに

特に網戸は要注意です。網戸と窓やベランダ戸のサッシには、高確率で隙間が空いているのです。

多少の隙間程度であれば『隙間テープ』で補修してあげることで、虫の侵入を防ぐことができます。隙間テープを貼る前に、網戸を含めサッシ部分などを綺麗にしておくといいでしょう。

網戸が破れてないかチェックしてみましょう。網戸用の殺虫スプレーも効果的。

換気扇など隙間がある場合は、フィルターなどを取りつけるなどして、外からの隙間をなくすようにしてください。

エアコンの配管用の穴に隙間がある場合は、この穴を防ぐ必要があります ホームセンターなどで売られている、エアコン用のシールパテがあるのでそれを使って穴を防ぎましょう!

蚊の増殖を防ぐ!屋外では水をためない

玄関を出てすぐのところにある水たまりにも蚊は寄ってくるので、そういった「虫にとって快適になるような水場」をなるべく作らないことを心がけましょう。

庭に置いたままのバケツや空いた植木鉢などに水が貯まらないように、使っていない物であれば伏せたり片付けたりしておこう。

家の中では「蚊」が居づらい環境作りをしよう

蚊取り線香などの殺虫成分は下から上に流れるので、できる限り足下に置きましょう。

蚊取り線香の煙が苦手という方もいらっしゃると思います。そういう方は、蚊が嫌うハーブを置くのもお勧めです。ハーブですと、煙も出ないので安心です。

1