1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

・いま、日本で問題視されている

とある調査によると、「自動車に関心がある」と答えた割合が2001年度から2011年度にかけて20代男性は29.4%、女性では25.3%減少していることが明らかになっています。

一番の理由はやはり維持費の高さ

現代の日本の情勢に特化したケースですが、一言でいえば景気が悪く、若者の平均収入が低いため高価な車をそもそも買うことが出来ない為、乗りたくても乗れないという若者も増えているといいます。

クルマを所有するときにかかるお金は車両代金だけではありません。買うとき、持ち続けるとき、走るとき、の3段階に渡ってお金はかかります。税金の負担ばかりが大きいようにも言われていますが、税金以外の費用も高額なものがあります。

公共交通機関機関の発達も理由の一つかも

都会であれば、電車とバスを利用すれば大体どこへでも行けてしまいますし、遠出する時も新幹線や飛行機を利用した方が早いだけではなく、中には車で移動するより安くなるケースもあります。

・次に問題視されているのが...

貧困を感じてる女子はこんなにいる

アルバイトのみで年収が100万いっていないみたい。親元暮らしだからどうにかなっているけど、ご高齢なご両親だし将来心配じゃないの? と聞いたら考えられないと答えられた。仕事増やそうにも求職があまりないらしく、八方塞がりだそう

深刻な貧困は、身の回りにいないが自分も正社員だが、給料がアルバイトで稼いだほうが高いくらいの金額でこの先が不安。入社5年以上だが、入社当初と変わらない、もしくは下がっている

貧困女子の多くは非正規雇用という実態も

女性が貧困に陥っているのは、その大半が派遣社員であったり、契約社員であったりする非正規雇用の影響が大きい。

現在、女性の非正規雇用率は54%で、働く女性の2人に1人が正社員ではないという状態です。

・そして最近の若者に最も多くみられるのが...

スマホを触っていないと強いストレスを感じたり、仕事が手につかないなどの症状が出る「スマホ依存」

トイレでもお風呂でも、触れない時間があるとそわそわしてしまい、用がなくても無意識のうちにスマホに手が伸びてしまうのです。

スマホ依存症で成績が低下することも少なくない

1 2