1. まとめトップ

フレンドリーだが支配欲も強い?詮索好きな人の特徴

自分が知らないことがあるこちに不満があるからこそ、根掘り葉掘り聞いてしまう?詮索好きな人は、平気で第三者へと漏らしてしまうところがあるのも困ったところで、ウザく信用できない存在にさせています。また彼らは支配欲が強く、情報を握っては相手や周りを支配したいと無意識に思っているようです。

更新日: 2019年07月10日

2 お気に入り 553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・噂好き

詮索好きな人は、とてもおしゃべりが好きという特徴があります。道端で知り合いを見つけると、「あら〜〇〇さんじゃないの〜。」と言って駆け寄ってきておしゃべりを始める、というタイプです。

特に大好きなのが他人の噂話です。大好物で仕方なく、噂話を仕入れるのも大好きです。人のことをあれこれ詮索しては、「ここだけの話だけど。」などと言いながら、いろんな人に話して回るという、まるでドラマに出てくる近所のおばさんのような人です。

何よりも好きなのが、人の不幸話です。「かわいそうに。」とか「気の毒よね。」とか言いながら、嬉々としておしゃべりのネタに使います。

・他人の気持ちに無頓着

詮索好きな人は、無神経というか、他人の気持ちに鈍感で、どこか無神経なところがあります。人間にはあまり人に話したくないな、と思うことがあるものです。

詮索好きな人は、そんなことは御構い無しで、どこからか仕入れてきた噂話をどうしても本人の口から聞いて、確信を得たいのでしょう。無神経にズカズカと他人の中に入ってこようとします。

もしかしたら、そんなに悪気があるわけではないのかもしれませんが、だからこそその詮索好きな無神経さが、人を不愉快にさせてしまうのです。

・支配欲が強い

ママ友の頂点に立とうとするのが、こういうタイプの人です。とにかくママ友のリーダー的存在にならないと気が済まない、人を支配したいという気持ちが強すぎて、何もかもを知りたがるがゆえに、どうしても人のことを詮索したがります。

基本的に自己中心的な人が多く、負けず嫌いで、人から指図されるのが大嫌いです。他人を支配するためには、相手のことをある程度把握しておく必要があるのでしょう。よって自然と詮索好きになってしまうのです。

・フレンドリー

とにかくフレンドリーで、誰彼と区別せず、誰とも仲良く付き合うのですが、そのフレンドリーさについつい乗せられて、人は言わなくてもいい秘密めいたことまでしゃべってしまいます。

聞く方からしたら、他人の秘密は禁断の実をこっそりかじるようなもので、ワクワクゾクゾクした気持ちになるものです。それがクセになり結果的に詮索好きになってしまうのです。

しかし、こういう人は案外自分のこともあけっぴろげに話したりするものです。ある意味、お互いの情報交換という意味もあるので、悪い関係ではないかもしれません。

・嫉妬深い

嫉妬深いという特徴を持つ人も、詮索好きな人には多くいらっしゃいます。劣等感を抱くと他人の粗探しをし、その対象者の欠点を見つければ「自身はその人より劣っているとも言えない」と確かめられ、安心感を得たような気分になります。

特に、嫉妬深い特徴は夫婦や恋人などの異性関係に表れやすく、付き合う相手に自身以外の異性の友人ができると嫉妬し始めます。すると、相手の浮気を疑い、相手の言動を監視する頻度が高くなります。

相手の浮気の実態を把握すると、まるで犯罪者を逮捕したかのような快感が得られるため、詮索がやめられません。

・優越感を持ちたい

優越感を持ちたいという心理も、詮索好きな人は持ち合わせています。他人に家族構成や学歴、経済状況などを詮索することにより、自身のそれより劣る点を見つけることができれば、その点について優越感を持つことができます。

つまり、詮索好きな人が詮索する動機には優越感に浸れる要素を検索することが一つ挙げられます。

・お喋り好き

詮索好きな人の特徴として、お喋り好きということが挙げられます。他人とお喋りするのが大好きなので、話題を広げるためについつい相手のプライベートに踏みこみすぎるのが欠点と言えば欠点です。

お喋りをするためには、話題が豊富でなくてはなりません。時事ネタやご近所ネタ、もしくは会社の上司・同僚ネタなど、多くのネタをストックしている人が多くいます。しかし、お喋るする当人を無視することができず、相手の家族構成や自宅についてなど、悪意なく聞いてしまう人も多くいます。

・孤独

一人で暮らしていたり、家族と暮らしていても孤独な心理を持っている人も、詮索好きな人に多く見られます。孤独を感じているので、誰かのことを知って親近感を得るために、色々なことを詮索をしてしまいます。

何かに充たされていれば、人のことなど興味を持つことはさほどありません。しかし、親しい友人がいない一人暮らしであったり、家族と一緒にいても上手くいっていなかったりするような人は、孤独感を募らせてしまいます。その孤独感を埋めるために、全く無関係の人と何らかの関係を持とうと考え、詮索してしまうところがあります。

1 2