1. まとめトップ

適当にかわすのがベスト?詮索好きな人への対処法

相手の悩みを聞いてあげるフリして…実はその人に今何が起きているかを詮索する腹黒い計画性を含んだ特徴があります。結局は自分より下の人がいるなど優越感に浸りたい、人の不幸は甘い蜜という性格の悪さもありますので、うまく対処しないと疲れるだけ。。どう対処すればよいでしょう?

更新日: 2019年07月11日

4 お気に入り 769 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■詮索好きな人とは

人の会話に入るのが上手であったり、聞いた話に色をつけて大袈裟に話を展開させていくのが特徴です。

人の話にスッと入っていけるようなコミュニケーション能力の高さを持っていればネタ集めは簡単に行え、更に収集した情報に色をつけて場が盛り上がるような大袈裟な話に膨らませると詮索好きな人は自身がその場のヒーローになれたような感覚に陥ります。

詮索好きな人は他にも相手の悩みを聞いてあげるフリをして実はその人に今何が起きているかを詮索する腹黒い計画性を含んだ特徴なども持ち合わせています。表では優しい顔をしていてもどんな不幸が起こっているのかや、どういった幸せを噛みしめているのかを単純に探りたいと日頃から思っている人種と言えるでしょう。

■詮索好きな人への対処法

根掘り葉掘り聞かれないようある一定の距離感を保つことです。

・適度な距離を保つ

詮索好きな人とは関り合いにならないのが一番です。

受け流すのも面倒だったり、精神的に辛いという場合は詮索好きな人とは距離を置くようにしましょう。

仕事などでどうしても回避できなかったり会う必要がある場合は、プライベートなことは話さないように注意してビジネスライクな距離感を保つように心がける必要があります。

・適当にかわす

詮索好きな人の質問にいちいち答えていては、のとのち大変なことに巻き込まれてしまう可能性があります。話が変な風に捻じ曲げられ、噂話として広まってしまうこともあるので、適当にかわすというのが賢い対処のひとつです。

「どうなんだろ?」「あんまり覚えてないなあ?」とか、曖昧な返事で適当に話を濁しておけば、相手にとっては確信を得た答えにはならないので、のちのち迷惑を被ることもありません。

詮索好きな人は、話を聞き出すのがうまいので、真面目に受け答えしていては相手の思う壺です。

・あまり関わらない

詮索好きな人と関わるのが面倒だ、相手が無神経すぎて時にイラっとしてしまうと感じるときは、あまり関わらないという手段をとりましょう。

井戸端会議にはあまり加わらないとか、姿を見つけたら相手に発見される前に逃げるとか、なるべく関わらないのが賢明な対処法です。

・同じ質問をぶつける

詮索好きな人に何か質問された場合、「よくわからないなあ。あなたはどうなの?」と逆に相手に同じ質問をしてみましょう。やんわりと同じ質問を相手に投げかけることによって、相手は少し躊躇するでしょう。

詮索好きな人は、自分のしていることを客観的に見れていないのです。もしかしたら、自分のしていることがデリカシーのない図々しい行為であることに気づくかもしれません。

この方法だと、相手にあまり嫌な印象を与えないし、相手が無言になったら、そのままその話題は終了してしまうかもしれません。

・その場を立ち去る

話の流れの中で、いよいよ詮索が始まった、と感じたときは、何かと理由をつけてその場から立ち去りましょう。「ガスを付けっ放しにしているかもしれない。」とか、「子供がそろそろ帰ってくる時間だ。」とか適当なことを言っておけばいいのです。

いくらなんでも詮索好きな人は、引き止めることはしないでしょう。あくまで失礼のないように「ごめん、その話はまた今度ね!」と明るく別れるようにするのがいいかもしれませんね。

・やんわりと拒む

詮索好きな人からの攻撃をかわすためには、やんわりと答えるのを拒むという対処法もあります。あくまでソフトな物言いで、拒みましょう。

「そこまではちょっと話せないかなあ。」と柔らかな感じで話すと、相手もそれ以上は詮索してこないでしょう。

「それは言いたくないから。」とあまり強い口調で拒むと、相手に不快感を与え、後々面倒なことになってしまう可能性もあるので、少しモジモジした態度でもしておけば、それ以上詮索してくることはないでしょう。

・話す内容を絞る

誰と話す際にも、話す情報を事前に絞っておくことで詮索好きな人からそれ以上詮索されることを防ぐことができます。

例えば、好きなスポーツや音楽のことまでは話すけど、それ以外のことは詳しく知らないということにしておくと、詮索好きな人から「それ以上質問をしても、この人からは情報を得ることができない」と判断され、詮索が止まります。

1 2