佐竹被告は「カッターを向けたら素直に言うことを聞くようになった」などと刃物を使った理由を明らかにしました。

 その上で、事件当日の犯行について「反抗的な態度を見せ、冷静に話を聞いてもらうために包丁を手に取った」などと主張しました。

出典受験勉強巡り小6男児が父親に刺され死亡 父親「カッター向けたら言う事聞くようになった」(東海テレビ) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「子どものため」という【教育虐待】の恐怖

人生経験を積んだ大人または親であろうとも、人生を悟った聖人ではありません。自分の思いとは裏腹に子供を傷つけている場合があります。人によっては「親の思い」そのものが間違い、もしくは勘違いであることさえあります。教育虐待はそうした過ちが表面化したものです。…たぶん。

このまとめを見る