一柳展也は、父親が東大、兄が早稲田大学理工学部、母親は短大卒というエリート一家に生まれる。

妻に向かって、自分は東大、長男は早大出であることをひけらかし「展也が二浪しているのは、頭の構造が短大しか出ていないお前に似たんだ」と当り散らしたこともあった

展也を犯行に駆り立てたのは出来の良い兄と比較される苦しみと、親に見離される悲しみだったと思われる。

出典川崎・浪人生金属バット親殺し

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「子どものため」という【教育虐待】の恐怖

人生経験を積んだ大人または親であろうとも、人生を悟った聖人ではありません。自分の思いとは裏腹に子供を傷つけている場合があります。人によっては「親の思い」そのものが間違い、もしくは勘違いであることさえあります。教育虐待はそうした過ちが表面化したものです。…たぶん。

このまとめを見る