長男は04年11月23日深夜、自宅2階で就寝中の中学校教諭の父親(当時51歳)と、元小学校教諭の母親(同48歳)をいずれも鉄アレイで殴り殺した。

 長男は両親と妹、祖父の5人暮らしで、職に就かず自宅に引きこもっていた。これまでの公判で、長男は「生活態度などに口うるさい祖父を殺害するため、まず両親を殺して勢いをつけようと思った」などと供述。

出典鉄アレイで両親殺す、元少年に無期懲役…水戸地裁 - 井出草平の研究ノート

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「子どものため」という【教育虐待】の恐怖

人生経験を積んだ大人または親であろうとも、人生を悟った聖人ではありません。自分の思いとは裏腹に子供を傷つけている場合があります。人によっては「親の思い」そのものが間違い、もしくは勘違いであることさえあります。教育虐待はそうした過ちが表面化したものです。…たぶん。

このまとめを見る