(1)子供(成長)ではなく、目標(結果)ばかりを見てしまう。

(2)「正解」を信じて迷いなくやってしまう。

(3)子供の出来は親次第だと思い込まされている。

出典教育虐待をしないために、親に心がけてほしいこと(おおたとしまさ) - 個人 - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「子どものため」という【教育虐待】の恐怖

人生経験を積んだ大人または親であろうとも、人生を悟った聖人ではありません。自分の思いとは裏腹に子供を傷つけている場合があります。人によっては「親の思い」そのものが間違い、もしくは勘違いであることさえあります。教育虐待はそうした過ちが表面化したものです。…たぶん。

このまとめを見る