ソニーは、日本企業の中では成果報酬について前向きな企業であり、これまでも仕事の役割に応じた等級制度を採用してきた。今回の措置は、既に存在している等級制度を活用し、一律で等級を付けていなかった新入社員にも状況に応じて等級を付与し、高い賃金を支払うというものである。

出典ソニーが新卒に「初任給730万円」、最大のカベは中高年社員の嫉妬? (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これでGAFAに対抗できる? 新卒ITエンジニア獲得競争が苛烈

NECが新卒でも年収1000万円超が期待できる新制度を発表。GAFAを中心としたIT系企業の人材獲得競争が苛烈になっていることに様々な声があがりました。

このまとめを見る