腎臓が悪くなる主な原因としては遺伝や加齢により腎機能が低下することで発症する方もいますが食生活も大きな原因と言われています。特に食生活の中で腎臓に負担をかけてしまうものとしては「塩分」「蛋白質」などが有名です。

蛋白質は過剰に取りすぎることで有害物質となり、その有害物質を腎臓は処理をしなければなりません。また、塩分も腎臓が余分な塩分を尿と排出するために働きます。その為、蛋白質や塩分を過剰に摂取することで腎臓が過剰に働かなければならなくなり大きな負担が掛かることで腎臓の機能が低下してしまい腎臓病の原因になると言われています。

そのため普段からお食事には十分に気を付けることが重要です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

腎臓の役割と症状/腎臓病には自然の生薬も効果的!?

腎臓病は一度慢性化すると非常に厄介な疾患です。その為早めの予防と対策が何よりも重要とされています。

このまとめを見る