わたしが小学5年生の時の話です。

夏休みのある日、 近所の友達のAちゃんととある計画を立てました。

それは、夜中の1時に集まって 町内を肝試ししようというものです。

もちろん親には内緒です。

小学生にありがちな親に内緒という後ろめたさと、 夜中に家の外に出るというわくわく感で 寝たふりをしている布団の中で、 ソワソワその時間が来るのを待っていました。

そして、約束の時間の5分前、 そっと家の勝手口から出かけ、 待ち合わせの場所に向かいました。

まだAちゃんは来ていなかったので、 電灯の下で来るのを待っていました。

その電灯から20メートルほど離れた曲がり角に 電柱が立っていたのですが、そこが視界の端に入った時に 何となくぼーっと白いものが目に映りました。

ん?と思いそちらのほうを見ると、 暗がりの中に白いワンピースを着た 髪の毛の長い女の人が立っていました。

出典【怖い話】電柱の横にいた白い女の人 | 日本の都市伝説(怖い話)&未解決事件

続きを読む
https://xn--9oqx67ab2fnkbmy2he6h.com/?p=3263

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【一人で閲覧禁止...だぞ!】恐怖の肝試し体験談まとめ

肝試しの時に実際に起きた恐怖の体験談をまとめました!

このまとめを見る