1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ゆらりの和三盆

和三盆の干菓子と木型を制作している、厚別区の「木型工房 ゆらり」。住宅の一角を店舗にしていて、営業は月に数日のみというお店ですが、繊細で美しい干菓子は口コミでも話題になっています。また、現代的でかわいいデザインも多数揃っていて、見ているだけでも楽しくなりますよ。

住所
北海道札幌市厚別東4条9丁目4-15
営業時間
9:00~17:00 (※月に数日の営業のため営業日は下記HPをご確認ください)
定休日
不定休

バター飴

レトロなクマのイラストがキュートな「バター飴」。懐かしいバター飴とレトロな缶にキュンキュンしてしまいますね。食べ終わった後の缶の使い道を考えるのも楽しくなりそうです。

住所
北海道札幌市中央区南三条西3丁目17 千秋庵ビル 1F
営業時間
9:30~20:00 (喫茶オーダーストップ 18:30)
定休日
無休

ショコラティエ・マサール

札幌でおしゃれなチョコレートを買うなら「ショコラティエ・マサール」がおすすめ♪北海道産の食材と厳選したカカオが織りなすおいしさは見た目だけではありません。

平均予算
¥1,000~¥1,999
~¥999
住所
北海道札幌市中央区南十一条西18-1-30
営業時間
10:00~19:00  サロン10:00~18:30(LO18:00) ■クリスマス・年末年始の営業時間のお知らせ■ ・12月25日(火)はクリスマス期間のため営業致します。 ・12/31(10時~17時) ・1/1と1/2はお休み ・1/3(12時~18時)
定休日
火曜日(イベント時変更あり)

じゃがピリカ

北海道のジャガイモスナックといえば「じゃがポックル」が一番先に思いつくかもしれません。しかし、可愛さを求めるなら同じカルビーが発売している「じゃがピリカ」がおすすめ!白い「トヨシロ」、赤の「ノーザンルビー」、紫の「キタムラサキ」の3種類の北海道産じゃがいもを原料に作られた、サクサクで北海道の味わいたっぷりのスナックです。

スカイショップ小笠原
住所
北海道千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル2F
電話番号
0123462021

しろくまバターせんべい

ほのぼのとしたホッキョクグマ「ピリカ」の顔や足型がデザインされたパッケージの「しろくまバターせんべい」。十勝産バターを使い、パリッとした歯ごたえにバターがふわっと香る洋風のお煎餅です。もらったら誰でもほっこりすること間違いなし!札幌市円山動物園とのコラボ商品で、売り上げの一部は動物園に寄付されるとのこと。菓か舎すすきの店や札幌大丸、札幌エスタなどで取り扱いがあります。

菓か舎
住所
北海道札幌市中央区南4条西3 すすきのビル1F
電話番号
0115210030

恋するクマゴロン

国内線ターミナルビルの2階にあるドーナツショップ「シレトコ スカイ スイーツ」では、とってもかわいいミニドーナツ「恋するクマゴロン」を買うことができます!

北海道根室・中標津で採れたハチミツを練り込んで蒸し焼きにしたミニドーナツを、カラフルなチョコでコーティングしたこの商品。クマやパンダ、トラなどのかわいい動物の顔は手作業でペイントしているそう。

シレトコ スカイ スイーツ
住所/北海道千歳市美々 新千歳空港国内線ターミナルビル2F
営業時間/8:00~20:00
定休日/なし

ロイズポップチョコ

ターミナルビル3階「スマイル・ロード」内にある、チョコレートで有名なロイズが運営する「ロイズ チョコレートワールド」。チョコレート工場をガラス越しに見学できたり、ミュージアムでチョコレートの歴史について学べたり、店内の工房でつくられる焼き立てパンが楽しめたりと、まるでテーマパークのように楽しめるこの施設では、このチョコレートワールドでしか買えない限定商品を多数販売中!

ロイズ チョコレートワールド
住所/北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル3F スマイル・ロード
営業時間/8:00~20:00(施設内のロイズベーカリーは9:00~20:00、ファクトリーは8:30~17:30) ※時期によって変動する可能性あり
定休日/なし

1