1. まとめトップ

【元F1ドライバー】山本左近(やまもとさこん)ってどんな人?

元F1ドライバーの山本左近さんについてまとめました。

更新日: 2019年07月11日

1 お気に入り 2212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mihomiho2525さん

山本左近(やまもとさこん)て何してる人?

元F1ドライバー。医療法人さわらび会副理事長。2019年7月参議院選挙に初出馬しています。
1982年7月9日 生まれで現在37歳。愛知県・豊橋市出身。身長172㎝。独身。

【来歴】

【レーサー時代】

小さいころからお母さんの影響でF1に興味を持ち、10歳の時にカースクールに入学。
15歳で地方カート競技選手権中部東海地区でチャンピオンを獲得。

鈴木亜久里さん監修のARTAプロジェクトに応募者200倍の倍率を勝ち抜き1期生として選ばれました。
16歳、全日本カート選手権FAクラスでチャンピオンを獲得。
18歳、F3名門チームの「チームトムス」に所属。
2004年、22歳のときに全日本F3選手権では当時日本人最年少優勝を果たしました。

その後も順調に活躍の場を広げ、2006年にスーパーアグリからF1デビュー。
当時の日本人最年少でのF1デビューは大きく注目されました。

■レーシングキャリア — 1994-2006
1994年 SRS-K(鈴鹿サーキットスクール)入校
1997年 地方カート選手権FRクラス チャンピオン
1999年 全日本カート選手権FAクラス チャンピオン
2001年 全日本F3選手権 参戦 4位 所属TOM’S (日本人最高位/新人賞)
2002年 ドイツF3選手権 参戦
2003年 ユーロF3選手権 参戦
2004年 全日本F3選手権 所属TOM’S 初優勝記録
2005年 フォーミュラ・ニッポン 近藤正彦率いるKONDO RACINGから参戦
SUPER GT500参戦 所属 TOM’S 第4戦SUGO 優勝
2006年 フォーミュラ・ニッポン 参戦  所属KONDO RACING
SUPER GT500 参戦 所属NISMO

■フォーミュラ ワン — 2006-2011
2005年 ジョーダンGPより 日本GP サードドライバー
2006年 スーパーアグリF1チーム サードドライバー
    ドイツGPから当時日本人最年少F1パイロットとして参戦
2007年  スパイカーF1 ハンガリーGPよりレースドライバー 
     日本GPでは、大雨の中12位完走
2008年 INGルノーF1チーム テストドライバー
2010年 HRT F1 イギリスGPよりレースドライバー 
2011年 マルシア ヴァージン・レーシング リザーブドライバー

【そもそも...】F1ドライバーになるのはどのくらい難しいの?

ここまでざっくりと書いてきましたが、そもそもF1ドライバーになるのはどのくらい難しいのでしょう?

【F1ドライバーの仕事内容】
観客を魅了するスピードスター

F1ドライバーとは、世界でも20人しか決勝を走ることが許されていない特別な職業です。

【F1ドライバーになるには】
実力がものをいう世界

F1ドライバーになるには、大前提として自動車の運転免許が必要となります。

また、各レースに出場する際には専用のライセンスを保有している必要があり、国内では国内Bライセンス・国内Aライセンス、海外では国際Cライセンス・国際Bライセンス・国際Aライセンスとランク付けされています。

F1ドライバーとして活躍するためには、最上位である国際Aライセンスを保有している人の中でも、50人ほどしか認められていないスーパーライセンスを保有していることが条件となっています。

実力でランクを上げていく以外に方法ありません。

【F1ドライバーの資格・試験の難易度 】
幼少期からの英才教育組でも狭き門

F1ドライバーは誰しもがレーシングカートから始まります。

幼少期より英才教育を受けてきた天才と呼ばれる人でも、世界的に見るとテストドライバー止まりということも珍しくありません。

必要な資格としては、自動車の運転が許されている自動車免許を保有していることが求められますが、それ以外には前述したスーパーライセンスの所持が条件となっています。

このスーパーライセンスの付与条件として、国際Aライセンスの取得はもちろんですが、ポイント制度をもとに3年間で40ポイント以上獲得していることも条件となっています。

ということで、どうやらかなり狭き門であるようですね。
恵まれた環境があっても、相当な努力をしてもF1ドライバーになれるのはほんの一握りのようですね...。

【医療法人さわらび会】経営者として

2012年からは医療法人さわらび会の副理事長として、経営者としても活躍されています。

2012年、スペインのバルセロナから帰国し、さわらびグループの経営に携わることに。医療法人さわらび会/社会福祉法人さわらび会統括本部長就任。のち、ホームヘルパー2級を取得。日本各地にある医療機関や福祉機関を積極的に視察。

【F1レーサーだけじゃない】茶道、DJ、参議院選挙、お寿司開発、マルチリンガルなど【色々できる!?】

F1ドライバーの経験を生かして、様々な分野に挑戦・活躍しているみたいです。

1 2