1. まとめトップ

疲れを残さず翌朝スッキリ起きられる!酵素を摂って疲労回復

夕方になるとどっと疲れが出てきて、夜もなかなか眠れない。で、朝の寝起きも悪い・・・そんな悩みを抱えている方へ、翌朝スッキリと起きられる、酵素のチカラを紹介します。

更新日: 2019年07月11日

4 お気に入り 2039 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

by93LPさん

疲れを感じるいちばんの原因は、自律神経の疲れ

運動による疲労は、これまで筋肉や内臓系の疲弊だと思われてきましたが、実はそれらの影響というのは少ないのです。運動中に呼吸や心拍、血圧、そして体温など身体の安定性を保つため、休まず調整を行っている自律神経中枢の疲労であることが分かりました。

脳が緊張している間は、交感神経の働きにより内臓や筋肉が働き続けているため、身体へも疲れがたまっていきます。また、身体や脳の疲れは自律神経のバランスを乱し、精神状態にも影響を与えます。

疲労が回復しない要因には、体調や精神状態、日常の生活習慣が大きく関わっており、そのまま長引かせてしまうと病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

翌朝スッキリ起きられる方法でつらい、だるいを解消!

【睡眠の質を上げて朝スッキリ目覚めるための、夜のおすすめ習慣】
1.目覚ましは90分の倍数でかけ、起きる時間を声に出す
2.夕食には、翌朝、便をスッキリ出す食べ物を食べる(食物繊維を多く含む根菜類や野菜を積極的に)
3.寝る2時間前には食べるのをストップ
4.寝る前に1ヶ所だけほぐすなら「ふくらはぎ」
5.寝る前3分間は、今日あったいいことを考える

6.15時以降はカフェインを摂らない。
7.寝る90分前に入浴をする。
8.朝は太陽の光を浴びる。
9.ストレスはためずに発散する。
10.適度な有酸素運動をする。

疲れを残さない身体づくりに役立つ酵素を含んだ食べ物

疲れをとるには8時間の睡眠をとるのが理想的ですが、毎日その時間を確保するのは難しいですよね。そこで、酵素をたっぷりと含んだ、疲労回復におすすめの食べ物を紹介します。

アボカド

アボカドにはパントテン酸のほかにも、ビタミンBが含まれ、食べ物を燃料に変える細胞のはたらきを促進してくれます。

バナナ

良質な炭水化物、カリウム、酵素、栄養素が詰まったバナナは、すぐにエネルギーになるので、仕事の前に食べるのがおすすめ。

サツマイモ

サツマイモには、疲労回復に最適な炭水化物が含まれています。また、食物繊維が豊富なので、消化に時間がかかり、ゆっくりとエネルギーに替わります。

葉物野菜

葉物野菜は、鉄分・カルシウム・食物繊維・葉酸・マグネシウム・ビタミンA・C・E・Kが豊富に含まれていて、女性にとって疲れの原因となる貧血の予防になります。

高カカオのチョコレート

カカオ75%以上の高カカオのチョコレートがおすすめ。
抗酸化物質も豊富に含むので、血流が良くなり、脳や筋肉へ酸素を供給してくれます。

ミネラルウォーター

十分な水分を補給することで、エネルギーが促進・維持され、疲れやぼんやりした気分を払拭してくれます。

ビーツ

ビーツには天然の硝酸塩や抗酸化物質が含まれ、栄養価が高く、血行を促進し、脳や筋肉へ酸素を供給する効果があります。

1