1. まとめトップ

積極的な行動が目立つも…後先考えずに行動する人の特徴

計画性がなく思いつきで行動してしている人は、周りの人たちを振り回しては反感を買ってばかり。勘や気分次第で動きますし、人の忠告やアドバイスに耳を傾けることなどないので当然です。ただ、積極的な行動も目立ちますが、見通しも甘いので、途中で投げ出すことも多いようです。

更新日: 2019年07月11日

4 お気に入り 1387 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・勘や気分、思いつきで動きすぎ?

・「まずは何でも手を出してみる人」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「勘やそのときの気分で何でも決めて動こうとする人」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「勢いだけで生きてる感じ」(28歳/人材派遣・人材教育/事務系専門職)

・「その先々のことで必死になりすぎ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「すぐ頭に血がのぼる」(27歳/金融・証券/専門職)

・「ばっと動く。いきなり立ったりする」(34歳/機械・精密機器/営業職)

・「思いつきで好きなところに行く。こちらの予定を気にしない」(23歳/情報・IT/技術職)

・思いついたらすぐに行動してしまう

普段から考えない人は直感や思いつきで行動することが多く、そのため考えないですぐに行動してしまう特徴があります。よく言えば行動力があると言えますが、無鉄砲な一面も持っています。そのため考えれば分るようなことでも、やってみなければ分らないというポジティブな発想で行動することが多くなります。

これは一見すると良さそうに思えますが、仕事においては失敗は致命傷にもなりかねません。熟考してから行動することでリスクを減らすことができますが、考えない人はリスクを考えずに行動してしまうでしょう。もちろん時にはリスクを恐れずに行動することは必要ですが、仕事では取り返しのつかない事態になりかねません。そのためトップやリーダーには向いていないと言ってもいいでしょう。

・人の話を聞かない

後先を考えないで行動をする人というのは、人の忠告やアドバイスに耳を傾けることはありません。

目に余るような言動である場合、忠告をしたり止めてくれる人というのは必ずいると思いますが、後先を考えない人というのは、人のアドバイスに価値があるとは考えていない傾向にあり、あまり人の話を聞いていないのが特徴です。

・計画を建てない

計画を建てるのがとにかく苦手、計画を建てても計画通りに行くわけがないからといって、計画を建てることをしないのが、後先を考えないで行動をする人にはよく見られます。

後先を考えないからこそ、大まかな計画すらも建てずに思い立ったらとにかく行動に移すのが後先を考えない人の性格でもあります。

・反省しない

後先を考えないで行動をする人というのは、例え考えずに行動をしたことが大失敗に終わったとしても、どこが悪かったのか、どうするべきだったのかなどをいちいち考えたりしません。

つまり、失敗に対して反省する時間を設けないため、何が悪かったのか分からないまま放置されてしまいます。

後先を考えないで行動をする方というのは、終わったことに対してあれこれ考えることもしません。

反省しないというのが特徴となっています。

・調子に乗りやすい

後先を考えないで行動をする人は、後先を考えないで行動をした結果、成功した場合、自分はすごいと思い込みやすく、調子に乗りやすい性格の人が多いと言えます。

計画もせずに成功をしたので、成功のプロセスというのがあやふやなので、自分が努力したからだ、自分の運のおかげだと調子に乗ってしまう傾向にあるのです。

・すべてにおいて人任せ

考えない人は自分で何か考えるのではなく、他人に考えてもらうことがおおいです。そのため何でも人任せにすることが多く、責任を取ることから逃げる傾向にあります。

仕事でも人が考えた案に賛成し他の人と一緒に仕事をすることで、もしも仕事が失敗しても自分の責任ではないと言えます。企画が悪かったとか言われた通りにやったなど、責任を取らずに人任せにする特徴があります。

もしも自分が考えて何かあった時に、問題が起きたら自分が責任を取らなければなりません。責任や重圧から逃れたいという人は、自分で考えることなく人任せにすることが多いです。

考えなければ自分で責任を取ることもないですし、言われたことだけをやっていればいいので楽だと考えます。職場ではあまり出世して重圧を受けなくない人は、考えることをしないで言われたことだけを黙々とこなそうと考えます。

・目先の結果やメリットしか見ていない

後先考えられない人は、自分が今する行動によって、何を得られどんな結果が出るかしか考えていないことが多いです。

その結果の後、どんな試練が待っているのか、どんな問題が出てくるのかまでは把握しておらず、目先の結果やメリットだけを求めてしまいます。

目先だけとなれば、当然すぐに結果が出る方法や楽な道を選択するでしょう。

しかし後々になって、「○○しておけばよかった」「少し面倒でも○○からやれば良かった」と後々後悔が出てきてしまいます。

何かを始める時、行動する時は、自分がすべき行動を順番にリスト化してみると良いかもしれません。

1 2