1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

かっつくさん

セカハラ

セカンドハラスメント(セカハラ)とは、ハラスメントを同僚や上司などに相談したことによって、被害者が相談相手に責められる、社内で嫌がらせを受けるハラスメントといわれています。会社には労働者から申告があった場合、可能な限り職場環境の改善に努める義務があります。

マタハラ

「マタハラ」とはマタニティー・ハラスメントの略で、働く女性が妊娠・出産をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、妊娠・出産を理由とした解雇や雇い止めで不利益を被ったりするなどの不当な扱いを意味する言葉です。社会的な認知はまだ十分に進んでいませんが、マタハラの被害の実態は、よく知られる“セクハラ”(セクシャル・ハラスメント)よりも深刻であるといわれ、対策が急がれています。

スメハラ

スメハラとはスメルハラスメントの略語で、数あるハラスメントの中でも「ニオイ」に関するハラスメントとなり、体臭や口臭などにより相手に不愉快な思いをさせてしまう事を言います。

人間誰しも体臭はあるものの人によってその度合は異なり、人を不愉快にさせてしまうほどニオイがきつい人もいます。しかし本人は普段からそのニオイに慣れてしまっているため自分の体臭には気がつきにくいため気が付かいないうちにスメハラとなってしまう場合が多くあります。

カラハラ

カラオケハラスメントとは宴会などおいてカラオケ嫌いの方に、「歌って!」と歌うことを強要する行為のことを指します。略してカラハラと呼ぶこともあります。

エアハラ

真剣な雰囲気や和やかな雰囲気などを壊す発言をしたり、そのような態度を取ったりすること。故意に行うこともあれば、無意識に行うこともある。俗にいう「KY」のこと。

スモハラ

スモークハラスメントとは、職場などにおいて自己の意思に反して喫煙者が非喫煙者に対して喫煙することを強制したり、たばこの煙にさらされるなど、いわゆる「喫煙に関する嫌がらせ行為」を意味する日本語の造語(和製英語)である。略してスモハラともいう

マリハラ

マリッジハラスメント(マリハラ)とは、単身者に対して「早く結婚しないの?」「いい人紹介しようか?」と本人が望んでいない交際や婚姻を迫るハラスメントです。

マリハラは周囲の人が良かれと思ってやっていることなので、被害を訴えづらいという特徴があります。

テクハラ

テクハラとは、テクノロジーハラスメント
(もしくはテクニカルハラスメント)の略語です。

PC操作他、スマートフォン、タブレット端末等機器の扱いが
不得手な人物へのいじめや嫌がらせのことを指します。

ITスキルの高い人物が、不得手な人物に対して、
侮辱をしたり、わざと苦手なPC操作が必要な業務を割り振るなど、
テクノロジー関連のパワハラの一種だと言われています。

ソーハラ

「ソーハラ」とは、ソーシャルメディアハラスメントの略。ソーシャルメディアを通じて行われるハラスメント(嫌がらせ)行為のことで、特にFacebookなどの実名登録制のSNSに職場の上下関係がもちこまれて、トラブルやストレスの原因になっている状況を指します。SNS上で上司や先輩から執拗(しつよう)にコミュニケーションを求められて、断るわけにもいかず、不要な気づかいや緊張を強いられたり、プライベートに介入されたりするといった事例が典型的なソーハラ被害に当たるとされます。

ブラハラ

ブラッドタイプ・ハラスメント(略称ブラハラ、英: blood-type harassment)とは、日本において社会的少数者である血液型であるAB型に対する不当な評価であり、血液型について会話することで心理的な苦痛を与えていることである。次に少数なのはB型で、嫌な思いをしやすいとされる。血液型によって人の印象を決める文化のある日本語圏で使われる言葉。日本の心理学者サトウタツヤが1994年に提唱した

1