1. まとめトップ

1000万円の家は建つ!安心出来るハウスメーカ選びと失敗しないコツ

マイホームも夢でなくなって来た昨今。話題の「ローコスト住宅」のお陰であるのかもしれません。ローコストと言えども、大きな買い物。希望にあったトラブルのない家に住みたいものです。マイホームを建てる方の参考にまとめました。

更新日: 2019年07月13日

0 お気に入り 587 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shibaryoさん

1000万円の家が建てられる代表的なハウスメーカー

●アイフルホーム

ローコストメーカーとしての知名度は高い!

●アエラホーム

以前からローコストを手がけ幅広いコスト対応が出来る。

●クレバリーホーム

トップクラスの断熱性でありつつも低価格。

●タマホーム

ローコストメーカーとして断トツの知名度。最低限の価格で標準装備も込み。

●ヤマト住建

宣伝費を抑えた営業で知名度は高くないが、品質の高さと反比例して価格はかなりお得。

●ユニバーサルホーム

地熱床システムが標準装備。品質・機能を落とすことなく低価格を実現。

●レオハウス

急成長し続け低価格と性能で好評。全国にモデルハウスがあり、見て確かめられる。

1000万の家ローコスト住宅のメリット

家を建てる費用が安く済めば、新築した後の毎日の暮らしも楽になるので、家の価格は気になるところ

徹底した効率化や無駄を省くことで、圧倒的なコストパフォーマンスを実現

建物本体、外張り断熱工法、自由設計、制振ダンパー、付帯工事費、諸費用がパッケージに

また新築時はシンプルなローコスト住宅を建てておき、将来、家族構成や暮らし方が変わったときにリノベーションするというスタイルも人気です。

1000万の家ローコスト住宅のデメリット

壁紙やドアなど内装全てがパターン化してしまっているので、建売と感覚が変わらないとの声も

失敗しないローコスト住宅メーカーの選び方

☆口コミをみる(実例)

実際にブログの多くは建築状況を日ごとに追っていく形が多いので「何が分かるの?」と思われるかもしれませんが、【大きなトラブルもなく完成までスムーズに行っている】という事は良質なローコスト住宅メーカーである可能性が高い

☆アフターサービスの充実度

1 2