1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大谷翔平も活躍!エンゼルスが亡き同僚にささげるノーヒットノーラン継投達成!

7月1日に27歳の若さで死去した、アナハイム・エンゼルスのタイラー・スカッグス投手の追憶試合が行われ、エンゼルスが13−0の大勝を飾ると共に、相手を無安打無得点に抑えるノーヒットノーランを2投手の継投により達成するという快挙を見せてくれました。

更新日: 2019年07月13日

3 お気に入り 6759 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rk2014さん

今月、27歳の若さで突然この世を去ったタイラー・スカッグス

大谷翔平選手が所属するエンゼルスは1日(日本時間2日)、タイラー・スカッグス投手が遠征先のテキサス州で亡くなったと発表した。27歳だった。

 スカッグスは遠征先のホテルの部屋で意識不明の状態で発見され、その場で死亡が確認された。現時点で死因は判明しておらず、調査中の警察は事件性はないとしている。

エンゼルスの地元カリフォルニア州サンタモニカ出身で、2009年のドラフト1巡目でエンゼルスに入団したスカッグス。2010年にトレードでダイヤモンドバックスに移籍し、2012年にメジャーデビュー。2014年にエンゼルスに復帰した。今季も先発ローテーションの一員として活躍し、15試合登板でチームトップの7勝(7敗)、防御率4.29の成績だった。

大谷とスカッグス投手は本拠地のクラブハウスでは席が近かったこともあって、仲もよかった。5日前の6月26日には2人で球宴ファン投票の投票呼びかけのPRを行い、間に入った水原通訳を「ベストフレンド」と紹介し、「イッペイサン、ショウヘイサン」と日本語を話すなど、冗談も言い合う仲だった。

選手全員がスカッグスの背番号「45」を着用してプレー

スカッグス投手が急死してから初のホームゲーム。追悼試合として選手全員が背番号「45」のユニホームを着用して試合に

現地時間7/12に行われたスカッグス投手の追悼試合で、エンゼルスがノーノー継投の快挙を達成

エンゼルスは現地時間12日(日本時間13日)に本拠地で迎えた後半戦の開幕戦に大勝。初回から猛威を振るった打線が13安打で13得点を挙げれば、投げてはテーラー・コールとフェリックス・ペーニャのリレーでマリナーズ打線をシャットアウト。2人で“ノーヒットノーランリレー”を完成させた。

試合後、インタビューに応じたペーニャは「とても悲しい。彼がここにいられないことが悲しい。素晴らしい瞬間をむかえることができ、これは彼と彼の家族のための時間でした」と語り、コールも「スカッグスのお母さんの始球式がど真ん中から始まった。素晴らしい1球から始まった。我々はタイラーと家族のために頑張った」とコメントしていた。

大谷も3番指名打者で出場

「3番・指名打者」で先発出場した大谷も初回の第1打席で安打を放ち、これが8試合連続の安打。この日は4打数1安打・1四球という結果

試合後には、マウンド上に背番号「45」が並べられる粋な演出も

スカッグス投手を追悼する白星を、ノーヒットノーランという形で飾ったエンゼルス。試合後には、選手が次々に着用していたスカッグスの「45」のユニホームを脱ぎ、マウンド上に並べた。亡き友を弔う1勝に、スタンドのファンからも感動の拍手が鳴り止まなかった。

スカッグス投手の追悼試合で、ノーヒットノーランとは、何かの力を感じますね。大谷さんもヒット打ててよかった。最後は、マウンドに選手全員のユニフォームを並べたのが、感動しました。 twitter.com/YahooNewsTopic…

スカッグス追悼試合でノーヒットノーラン…凄すぎて感動した

エンゼルス、継投ノーノー!? スカッグスも天国で喜んでるよ…

スカッグス投手の追悼でノーノーリレーしてしまうエンゼルスすごすぎる

エンゼルス、継投ノーヒッターやったのか...スカッグスの追悼試合で...もう奇跡というか...すごい感動的だ

ノーノー達成だけじゃない、スカッグスとこの試合にまつわる数々の奇跡的な偶然

スカッグスは7月13日が誕生日で、翌日には28歳のバースデーを迎えるはずだった。誕生日を前にした追悼試合で、エンゼルス打線は初回に“7”得点を奪い、計“13”安打“13”得点で圧勝。試合後、この日6打点をあげたトラウトも「信じられないよ。初回に7点入れ、13点で勝利した。タイラーの誕生日は7月13日なんだ。明日だよ。13点、13安打、もちろん明日は13日。彼は間違いなく僕たちのことを見ているね」と驚きを口にしていた。

 さらに継投でのノーヒットノーランはMLB史上“13”度目のことで、ここにも“13”が。また、米データ分析会社「STATS」は公式ツイッターで「前回カリフォルニア州で継投でのノーヒットノーランが達成されたのは? 1991年7月13日のオークランドでのアスレチックス対オリオールズ戦―同じ日、タイラー・スカッグスが誕生した」と、奇跡的な繋がりをレポート。

1