引き釣りに使用するエサで 代表的なものがキビナゴとドジョウです。

活性が高いときはエサ持ちが抜群に良い ドジョウがおすすめですが、 食い渋る状況ではキビナゴが有利です。

釣り方のポイントとしては、 常夜灯が点灯している波静かな防波堤を探します。

タチウオは毎年似たような場所で釣れることが多いので、 実績のある場所をあらかじめ探しておくと良いです。

仕掛けをセットして遠投した後は表層付近から探っていきます。

この時に着水してからリールを巻き始めるまでをカウントしておけば、 アタリがあった際に集中して攻めることができます。

タチウオは足元付近でもアタリがあるので、 回収直前まで丁寧に探るようにしましょう。

アタリはコツコツと小刻みに連続する、 ラインのテンションが抜ける食い上げのアタリなど多種多様ですが、 アタリがあればすぐに大きくアワセを入れて下さい。

足元まで寄せてくればそのまま抜き上げますが、 大型のものほど強く抵抗するので 相手が大人しくなってから抜き上げます。

強引に抜き上げようとするとテンヤが外れて 自分の方に勢いよく飛んでくるので注意して下さい。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【堤防釣り】夜の堤防釣りでタチウオを引き釣り&ウキ釣りで狙う方法まとめ

【堤防釣り】夜の堤防釣りでタチウオを引き釣り&ウキ釣りで狙う方法をまとめました!

このまとめを見る