1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

この記事は、本当にゾッとした怖い話をまとめてあります。

rrreiruさん

■怖い話【投稿サイト】はコチラ

1.百物語

小学3、4年生くらいの頃の話です。

「百物語をやろう」と、誰かが言ったのがきっかけでした。
とはいっても、1人で何十個も怖い話を知ってるわけもなく、10名が1人10個ずつ話す事になった訳です。
私も必死で怖い話を覚えて参加したんです。

まあ100個と言っても、似たような(ほぼ同じ)話もちらほら。
ローソクも2、30本ずつ立てて、残り少なくなったらまた火をつける。
体育倉庫に忍び込んでやってたんで、すごく狭かったんですよね。
私も話し終わり、70話、80話と、どんどん進んでいったんです。
放課後から始めたので、すでに日は落ちかけてます。

そして、最後の人が100話目を話し終え、ローソクを消す・・・
数秒の沈黙が恐怖をかきたてたのだけど、何も起きず。
誰かが「なんだよ、やっぱなんにもおきねーじゃん」と。

私もちょっとだけ期待してたんですが、まあこんなもんかとね。
大体、同じ話とか、ローソクをいっぺんに立てないとか、ダメな要素満点だったし。
でも、それまでのなんともいえない緊張感ってのが楽しかったので、
それなりに満足して、みんなして体育倉庫を後にしていく。

最後に私が体育倉庫のドアを閉めて振り向き、なんとなく人数を数えたんですよ。
1、2、3・・・7、8・・・9・・・??9人?
みんな歩いていたし、最初は数え間違えだと思ったんです。
みんなを呼び止めました。

「ちょっと!!」
あまりにデカイ声だったのでしょう。みんな私のほうを振り向いて、歩みを止めました。
私は無言のまま、もう一度人数を数えました。

・・・やはり9人しかいない。おかしい。
「なあ、誰か先に帰った?」
先頭のほうを歩いてた奴が答えた。
「いや、誰も帰ってないと思うぞ。どしたん?」

私は正直、訳が分かりませんでした。
1人足りなかったんじゃないんです。
問題は、1人足りないと思われる人が、誰か分からないんです。

私は答えました。
「え?だって、10人でやってたでしょ?いま・・・9人だよ・・・?」
みんな人数を数え始めました。
そして、みんなの顔色が、目に見えて変わっていったのが分かりました。

そして、私と同じ疑問を口にしていました。
「なあ・・・誰がいなくなった?」
そうです。
確かに1人居なくなったのに、それが誰だか思い出すことが出来ないのです。その場の全員が。

誰かが言いました。
「今日は遅いから帰ろう・・・」
みんな無言で帰っていきました。

次の日からクラスには、誰もいない席が一つ出来ました。
誰かいたような気はするが、先生も含め誰も思い出せません。
名簿にも載っていませんでした。
1人の人間が消えたという事実が、あったかどうかすらあやふやになってしまいました。

それから10年以上たちます。
今では百物語をやった事すら、記憶から消えようとしています。
でも、たしかに最初はいたのです。
誰も覚えてません。これからも思い出すことはないでしょう・・・
永遠に消えた、クラスメートの存在を・・・

2.見る子供

俺が体験した洒落にならない話。
もう帰ってきたが、昨日まで、原付で旅行してた。
二日の大雨の日、静岡県の道の駅で休憩しようと立ち寄った。
その日は朝から箱根越えしてたせいもあってか、疲れてへとへと。

原付を駐車場に止め、さあトイレに行こうと、バイクから降りると、
小学校低学年くらいの子供が、傘もささずに小走りで原付の真横まで来た。
俺を一目も見ることも無く原付を見ている。
原付は何処にでもあるリトルカブで珍しいものじゃない。
近くにいくつかある大型バイクの方が変わってるのになんでこんなバイク見てんだろ?って気になった。

[どしたん?」って俺が聞いても返事も何もしない。
まあ、取りえずトイレ行こうと思い、トイレの方に目をやった時、トイレから太ったおばさんが出てきた。
その途端、子供が大声で「痛い!!痛いよ!!」って叫び出した。
ビックリして子供の方を見ると子供は足の甲を押さえて叫んでいる。
わけもわからず、「え!?大丈夫か!!」って聞いても痛いとしかいわない。

そこへ太ったおばさんが大慌てで走って来て、
「○○ちゃん大丈夫?ひかれたの??」って大声で叫ぶ。
なぜか頷く子供。

「え?いや?ひいてませんよ?」
「何があったん?」とわけわからん状況に混乱しながら聞く俺。
子供は俺の問いには答えず、
母親のひいた当たったの決めつけ質問には頷きで答える。

なぜか、完全に俺がひいたせいになってた。
おばさんに状況を説明しようとしてもロクに聞いてくれない。
半泣きになりながら俺じゃないと訴えてると、
一部始終を見ていたらしい、近くの木の陰でカッパ脱いでたおっさんが釈明してくれて事なきを得た。

子供がなぜあんなことをしたのか謎。エンジンを止めてバイクから降りた後に子供が走ってきたので、
絶対に当たっていない。疑いが晴れた後、子供は普通に歩いて行ったし。
トイレの方を見た一瞬の間に原付でも蹴ったのか?にしても音も聞こえなかったし・・・。

3.墓守

俺が大学生の頃の話。

熊本大学に通っていたのだが、大学の周りには竜田山があり、その山道には霊園があった。

当時、俺は学園祭の実行委員会だった。

それで授業が終わる夕方から夜の23時くらいまで、大学周辺の食堂などからカンパを貰いに先輩と出回りをしていた。



学園祭まであと3日となった日の晩のことだった。

この日は先輩と別行動で、俺は竜田山の麓にあるR食堂(現在でも営業中)にカンパを貰いに行っていた。

その帰り、霊園を通り掛かると、霊園の中に人影が見えた。

俺は人一倍怖がりなので、『あれは見間違いだ』と頭の中で繰り返し、足早に山を下って行った。



翌日、先輩にそのことを話すと、先輩自身もその人影を見たというのだ。

しかも先輩は「それは老婆だ」とまで言い切った。

そんな会話を二人でしていると、他の連中が興味津々に話に加わって来た。

元々実行委員会をやるようなお祭り騒ぎが大好きな連中だから、その日の夜に肝試しをすることになった。



午後23時、俺たちは6人でその霊園までライトを持ってハイクをした。

案の定、そこには人影があり、それまでは饒舌だった他のメンバーも言葉を失った。

確かにそこに居るのは一人の老婆だ。しかし、何故墓場に?

俺たちは不自然でないように、あくまでも山を登りに来ただけであるかのように、霊園にはそれ以上目をやらずに別の会話を始めた。



するとその老婆が近寄って来た。

「あんたら、わしんこと見にきたっちゃな? 霊て思てから」

みんな絶句した。俺は何が何だか解らなくなっていた。

ようやく仲間の一人が、「すいません!」と上ずり声で謝っていた。

老婆は暫く俺たちに説教をした後、最後に

「わしはな、去年、夫ば殺されたっちゃげな。

あんたらみたいな大学生が学園祭前に浮かれて、酒ば飲んじから車ば運転してからの。夫ば轢いたった!」

老婆は涙声で俺らに向かって怒鳴った。俺らは何も言えなかった。

老婆は続けて、

「ちょうど今ぐらいの時間じゃ、夫が殺されたんは。

んでな、夫がよう夢に出てきて、

『あの山ば通る糞ガキどもば呪い殺してやる』

って言うもんじゃけんが、わしは夫が墓から出ていかんように、こうやって学園祭前は墓ば見とるげな」

俺たちは墓に手を合わせて、その日は解散した。

4.予兆

会社からの帰宅途中に新しい家があり、その家のベランダを見たら女性が体育座りをしている。

それだけだったら変じゃないけどさ。

よく見たら家族で体育座りをしているんだよね。

女性・女児・男児・婆さん・旦那さん・犬という感じで。

しかも別々の方向を見ている。

気味が悪いので俺は小石を屋根に投げつけてみたんだ。

「カラン!」と石が当たる音がしたと同時に素早い動きで全員が正座に変わり、転がる小石を懸命に追い掛けて見ている。

小石が下へ落ちたら、何事も無かったかのように体育座りに戻る。

目撃してから4ヶ月後に火事で全焼してたよ。

5.見えてますよね?

つい昨日体験した話なのですが
いつもは車で移動してるんですが、
昨夜は飲み会があった為に
久し振りに電車を使いました。

いつもは同じ方向に家がある友人の車などに乗せてもらうんですが
その日はどうしても都合のつく人がおらず
約1年ぶりくらいで電車を使いました。

そして飲み会も終わって、帰りの電車に乗るべく駅へ。

電車がくるまで10分くらい時間があったので
ホームのベンチに座って携帯をいじってました。
3月とは言え、コッチはまだ雪も溶けかけの時期。

当然夜は息が白く、コートなどを着ないととても寒いです。

しばらく携帯をいじっている間に、1つ間を置いた隣りの席に女性が座り
別にソレが気になった訳ではないのですが、私はふっと顔を上げました

私の座るベンチはホームの後ろ側にあるので、
顔を上げれば立って電車を待つサラリーマンや他数人の後姿が見えます。

何気なくその後姿を見やってから、私は少しの違和感を覚えました。

ホームのギリギリ、白線も越えて線路との段差ギリギリの所に立って
ユラユラと体を前後させてる若そうな男の人の後姿が目に付いたのです。

別にそれくらいなら余り気にはならなかったのでしょうが
その人はこの寒い中で白い半そでのTシャツとジーンズという
夏の格好をしていました。

髪の毛は短くて茶色、黒いショルダーバックを掛けて、
ゆっくりユラユラと体を大きく前後に揺らしています。

今にも線路に落ちそうなほどギリギリの場所に立っているのに、
他の人は大して気にもしていない様子でした。

ですがその人は見るからに怪しく、
もしかして飛び込み自殺だったりして・・・と思いながら
私はその人の後姿を見ていました。


その時、右肩をふいに誰かに叩かれ
ちょっと驚いて振り向くと、
隣りに座っていた女性がこっちを見て眉を顰めていました。

「あの、・・・あの人、見えてますよね?」

そう聞かれて一瞬何の事か分からず、
は?と思いながらその女性が視線を向けた方向に私も目をやりました。

その場所はさっきまで怪しい男の人が立っていたはずの場所でした、
でも、私には何も見えなかったのです。

さっきまでいたはずの男の人の姿は無く、
ホームのどこを見てもそれらしき人は見当たりませんでした。

目を離したのは一瞬で、この短時間でいなくなるはずがないのです。

もしかして線路に落ちたのか?とも思いましたが、
他の人はさっきと何も変わらない様子で立っています。

ただ驚いて隣りの女性をもう一度振り返ると、
その女性は「見えてますよね?」と
どうもその女性にはまだ怪しい男の人が見えているようなのです。

そうと分かった瞬間、どうしようもなく怖くなって
その場から一刻も早く逃げ出そうと思いました。

その女性に「向こうの自販機でジュースでも買いませんか?」と誘いをかけて
後はただ2人でじっと電車が来るのを自販機の前で待っていました。

電車に乗り込んでその男の人がいた場所を通り過ぎる瞬間、
やはり私には何も見えなかったのですが
女性にはしっかり顔がみえたそうです。

「・・・笑ってました、俯いてて口しか見えなかったんですけど、笑ってました」

と言う言葉が今でも頭から離れません。

「見えてますか?」系の話は知っていましたが、
まさか自分が体験しようとは夢にも思ってませんでした。

家についてから家族にあの駅で自殺か事故はあったか?と聞きましたが、
誰も事実を知りませんでした。

分かりにくい文章で申し訳ありません。

ただ怖くて誰かに話を聞いて欲しくて…。

もう電車に乗りたくないです。

6.踏切

車で一泊二日の家族旅行に出かけて、帰ってきたのは夜の10時ごろ・・・

後30分ぐらいで家に着く、そんな時の話です。

私の家の近くは田んぼや畑がまだ多く、遠くまで見渡せるようになっていて、
昼間の線路近くは電車と景色とのコントラストがなんとも良い感じの場所でした。

車の中には母、兄、姉、そして私が旅行の疲れで半分、眠っていて、
運転手の父だけが家路を急いでいました。

ちょうど線路近くに差し掛かったときに、私たちの乗る車は踏み切りで引っかかり、
貨物列車が通るまでの少し長い時間を父はサイドブレーキを引いて待っていました。

まだ列車のライトが遠くにいて、父はタバコを吸い始うために窓を開けたそうです。

その時、父は「なにしてんだ・・・?」とつぶやきました。
父の声によって、家族全員で
ちょうど列車が来る方と反対側の線路に人影を見ました。

助手席に居た心配性な性格の母はいち早く異常に気が付き「自殺!?」と叫びました。

「んなことはない」と後部座席にいた私たち三人は、気にしない態度を取っていましたが
しかし、母があまりにも騒ぐので、そっちを見てみると、確かに線路上に人影が見えたんです。

「やばいかな?」と思っているうちに轟音を立てて貨物列車が通りすぎていきました。

結局、窓が開いていて、列車はブレーキ音も立ててないし、轢かれたような音もしていない。

気のせいだ・・・と楽天的な私たちは、そう結論付けて帰宅しました。


家には小さな庭があって、居間のレースのかかった大きな窓から
庭の様子が覗えるようになっています。

場所は少し離れますが、日の光があれば、
さっきの線路も家から見えます。

旅行から帰って、しばらく居間で私たち家族はTVを見てなごんでいました。

すると庭でかすかに音がするんです。

(猫かなんかか・・・?)TVを見ていたのでそんなに気をとられなかったんですが
チラっと家族の顔を見るとTVとは違う方向に視線を集中させています。

レースのカーテンの奥には白い大きな人影が歩いていました。

しかも、その白い人影は上半身と思われる体を前後に大きくふっています。

首から上がなくてバランスが悪く、足を左右にふんばりながら歩いているのでした。

恐怖に対して、体中の毛が逆立ち、手が震えていました。

自然と家族は寄り添うような感じで集まり、
庭を通り過ぎて、視界から消えるまでの時間を過ごしました。


後日、近所の人に聞いたんですが、私たちが旅行に行っている間に
あの踏み切り近くで自殺があったことが分かりました。

その人は線路で横たわって列車に首をはねられ即死したそうです。

現在では居間の大きな窓には厚手のカーテンをかけて、
外が見えないようになっています。

7.浮かぶ鳥居

流れぶった切って、
俺が体験した話であまり怖くないかもしれないが、
ちょっと前の仕事が休みだった日、原付でうちの裏山を走ってたんだよ。

そしたら空にぽっかりと、赤い鳥居が2つ並んだ状態で浮いてるんだよ。
赤い鳥居が浮いてるっていうより、宙にぼやけてるって感じかな。
道なりにその鳥居があったから、走り抜けたんだよね。
だからちょうどくぐった感じ。2つとも。

家に帰って、その日は普通に過ごした。
問題は次の日からで、高熱が出て、薬を飲んでも病院に行っても熱がさがらないんだよ。
母親に「何か最近変わったことはなかったか」と聞かれて、息も絶え絶えで鳥居の事を話したんだよ。
そしたらうちの母親が血相を変えて、「Aさんに連絡しないと!!!!」って電話してた。
Aさんってのはユタ(うちの地方じゃ呪い師みたいなもの)だ。

ほどなくしてAさんがやってきて、
俺をみるなり「あぁ、これは相当やられてるね・・・」って言って来たんだよ。
何にやられてるのか、何をやられてるのか、全く聞けなかった。

身体が動かなくて、声も出なかったんだよ。
それなのに家の仏壇の前に寝かされて、Aさんがもってきた酒やら米やらを仏壇に並べ始めた。
「鳥居を2つくぐったんだね?」と聞いてきたから、かすかに頷いた。
「あんたの先祖に守ってもらうように今から頼むけど、
それが出来なかったら、あんたは悪いけど、ここで命が切れてしまうよ」
と、物騒な事を言うんだよ。

Aさんはなにやら呪文みたいな言葉を唱え始めた。
俺が聞き取れたのは、「マジムン」「グソー」「ニライ」の3つだけで、
呪文みたいなものが書かれた紙で体を叩かれておしまい。

Aさんが、「どうにか切り抜けた。あんたよかったね、毎年墓参りにちゃんと行ってて」て言ってきた。
俺、何となくなんだけど、墓参りだけは親と一緒に行くのを欠かさなかったんだよ。
それが幸いしてたらしい。

で、Aさんが「次に鳥居を見たらすぐに離れること。絶対くぐってはいけないこと」と言い残して去って行った。

次の日、嘘みたいに熱が下がっていた。
母親にどういう事か聞いてみたら、「世の中知らない方がいい事もある」と、
最初取り合ってくれなかったが、しつこく聞いてみたら、
・俺の家系に関係している
・鳥居をくぐったら8割の確率で死ぬ
・鳥居の数はその人が生きた年数に応じて違う
・雨の日は鳥居は出ない
としか教えてくれなかった。

これが今まで平和に暮らしてきた、俺の唯一の洒落にならなかった話。
読んでくれてどうもありがとう。

1