1. まとめトップ

千葉ロッテが新外国人助っ人を獲得!レオニス・マーティンってどんな選手?

千葉ロッテマリーンズが新外国人選手、レオニス・マーティンの獲得を発表しました。今期もメジャーリーグで65試合に出場していたバリバリのメジャーリーガーで日本での活躍が期待されます。

更新日: 2019年07月14日

1 お気に入り 3870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rk2014さん

千葉ロッテマリーンズが新外国人選手、レオニス・マーティンの獲得を発表

出身国:キューバ
生年月日:1988年3月6日
ポジション:外野手
投打:右投左打

レオニス・マーティンってどんな選手?

マーティンはキューバ出身で右投げ左打ちの外野手。今季インディアンスでは65試合に出場し、9本塁打を放っている。

2011年にレンジャーズでメジャーデビューを果たすと、2014年には主力として155試合に出場。2016年にはマリナーズで143試合に出場して15本塁打を放ったこともある長距離砲だ。メジャー通算770試合に出場し、58本塁打。今季もインディアンスで65試合に出場している。

ロッテの松本尚樹球団本部長は「パワーもあるが、足が速く、肩も強く、守備もうまい。後半戦に向けて野手陣の層を厚くするという狙いがあります」と話しており、期待は大きい。

命の危険に晒されながらもキューバから亡命し、メジャーリーガーになった過去を持つ

キューバ出身のマーティンは、2010年にMLBの球団と契約するためにスピードボートに乗ってメキシコへ亡命した。しかし、メキシコでの生活は「命の危険に晒され、安全が脅かされていた」とマーティンが証言したように、決して平穏なものではなかった。

 ある時は自分の家に8人か9人の武装した男が侵入してきて、一緒に来るように脅迫されたという。しかし、なんとかマーティンは拒否をして逃げることができた。その後は身の危険を感じて異なる町への引越しも行ったが、引越し先にまでも誘拐犯は付いてきたという。

 そして、2011年にはテキサス・レンジャーズと契約を交わしていたのにもかかわらず、有効なビザが届く前にアメリカへと不法入国をした。メキシコに滞在すると誘拐されてしまう恐れがあるために、違法に国境を渡ったとマーティンは語る。

マーティンは球団を通じ「ワタシと家族はこのようなチャンスを頂き、非常に感謝をしています。千葉ロッテマリーンズという素晴らしい球団に入団出来て、とても光栄です。最高の選手となれるように、そして最高のチームメートになれるように、しっかりと準備をしてきます。私はいつもすべてにおいてベストを尽くします。ファンの皆様と一緒にリーグ優勝だけを目指して頑張ります」とコメントを発表した。

レオニス・マーティン、ロッテなのかwロースターには入るレベルの選手のイメージだっただけに意外

レオニス・マーティンってテキサスとかシアトルにいたあのマーティン? ええのきたやん

すげええええ!!ロッテがレオニス・マーティン獲得とか!!! これは夢か!!?

1