1. まとめトップ

花火大会・夏祭り前後にサクッと飲みたい!「ちょい飲みに最適な横浜のお店 5選」

7月から8月に掛けて多くの夏祭りや花火大会が控えている横浜の夏。その最中に「小腹が空いた。。」という方や「一杯飲んで帰りたい。。」なんて方も多いハズ。今回はそんな声にお応えして、夏祭りの夜のちょい飲みにピッタリなお店を5店セレクト。

更新日: 2019年07月15日

2 お気に入り 1478 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

横浜・夏祭りの夜を、もっともっと盛り上げる5店!

AlainDelonさん

2019年の横浜の夏を盛り上げるイベント

新横浜花火大会は昨年に立ち上がった花火大会が、
今年は港北区制80周年を祝し開催
陸から打ち上げられる迫力ある花火をご堪能あれ

人気キャラクター「ピカチュウ」が、
今年も横浜みなとみらい21 地区に大量発生

今年はみなとみらいの美しい夜景と
テクノロジーを活かしたピカチュウたちの
パフォーマンスを夜に開催

横浜港を一望できるロケーションが魅力の盆踊り大会。
海から吹く心地よい潮風を浴びながら
盆踊りを楽しむことができる

会場には縁日ブースや屋台など子どもから
大人まで満足できるコーナーも充実

夏祭りのついでにフラッと立ち寄りたい・・・な5店

NO.1 ちょいのみてい 横浜処

横浜駅近くの”ちょいのみ処”で、祭り終わりの一杯を・・・

まず1軒目にご紹介するのは、
その名の通り”ちょい飲み”にはうってつけの
立ち飲み居酒屋「ちょいのみてい 横浜処」

いかにも駅前の居酒屋という店構えが
特徴的な同店は、入店してセルフで
惣菜をセレクトし、ドリンクもレジで
オーダーして先に会計を済ませるシステムに
なっていることから、「気軽に呑める」と
ちょい飲みの方に大人気

店頭の立ち飲み&椅子席もビールケースを
積んだ上に板をのせたテーブルと雰囲気抜群で、
ざっくばらんな感じが多くの人を虜にする


ちょいのみ処の一番人気メニュー「煮込み」や
「串焼き」は花火大会前後の
ちょっと空いた小腹を満たすのにピッタリ

NO.2 やきとり家すみれ 横浜鶴屋町店

暑い夏祭りの夜を、”すみれ特製メニュー”でもっと熱く。

続いてご紹介するのは横浜駅徒歩3分、
横浜鶴屋町の焼き鳥居酒屋
「やきとり家すみれ 横浜鶴屋町店」

同店の看板メニューは手間ひまかけて育てた
「大山どり」の旨みが凝縮された焼き鳥や
チーズタッカルビ、大山どりを8時間煮込んだ
白湯スープをベースにしたもつ鍋など


毎日19時までハッピーアワーを行っており、
ドリンク7種類が198円で味わえるため、
祭りの前の”景気づけ”としても気軽に立ち寄れる

また、夏におススメのメニューとして
「熱い夏を笑顔(SMILE)でノリ切る
スタミナメニュー」やオススメドリンクとして
「すみれ特製サワー」など特別メニューも
取り揃えているので、花火大会や祭りの
お供にいかがだろうか

NO.3 横浜商店

3階建てのレトロな居酒屋で、祭り仲間とカンパイ。

3店目の「横浜商店」はとっても雰囲気のある
店構えが特徴で、横浜駅界隈でも大人気の居酒屋


1階が立ち飲みスペース、2階はお座敷、
3階がテーブル席となっているため、
色々なシチュエーションで
利用できる点も人気の要因

毎日17時~19時まではハッピーアワーとして
ビール、焼酎、日本酒、ホッピーなどが
200円でお得に味わえるとあって、
早い時間から横浜の呑兵衛たちでにぎわう

店内は昭和歌謡が流れていて、
レトロな雰囲気を醸し出しており
昭和の名曲とリーズナブルな立呑みで
夏祭りの疲れもきっと癒されることだろう

NO.4 ワインバー ヤミツキ

夏祭りの夜を華やかに彩る、病みつき注意のワインバー

4店目にご紹介するのは、レトロでアットホームな
雰囲気漂う狸小路のド真ん中の小さな
立ち飲みワインバー「ワインバー ヤミツキ」

1階が立ち飲み、2階はテーブル席の店内は
”軽く飲みたいとき”、”腰を据えて飲みたいとき”
のどちらでも対応可能

気軽に楽しんでもらえるように、
グラス一杯400円~ボトルも2,000円~と
リーズナブルな価格で種類豊富にご用意

ワインがメインのお店だけにおつまみ類も
イタリアンが中心となっており、
お一人様の女性にも人気を博している


夏祭りを楽しみたい女性客の皆様にも
是非訪れて欲しい

1 2