1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◼︎近年話題にあがる副業

副業に挑戦したいと多くの人が思っている一方、本業の収入で充分と考える人や、本業が忙しくて副業をやる暇なんてないと思っている人も、多くいるだろう。

しかし、今勤めている企業が副業を認めているのであれば、ぜひ挑戦してもらいたい。

終わってる 「副業したい」と上司に言った時、 業務に支障をきたす可能性があるから ダメだと言われた 「じゃあ、報酬なしの ボランティアとしてやるのは?」 と聞くと「それはOK」とのこと 結局、業務に支障をきたすか どうかの問題ではなく ただ単に「副業はダメ」 という考えなんだよね 古いわ

近年、副業をする人が増えて来ている。その背景にはこんな理由がある。不景気で会社の給料がなかなか上がらなくなって来たので、元々副業禁止にしていた会社が副業を許すようになったのだ。副業解禁となれば、多くの人が副業を始めるようになったのは不思議でも何でも無い。

◼︎副業を始めるコツは、小さな幸福を想像すること

日常生活で楽しみながら、ちょっとしたお小遣い稼ぎができればいいという人もいるだろう。

実際にやってみると、副業は想像していた何倍もうまくいかないものである。

いきなり“大きく稼ぐ”という射幸心は持たずに、目の前の“自分の小さな幸福”を想像するといいです。

失敗する人に多いのが、小さな成功に目を向けずに、小さな失敗にばかり目が行く。完璧を求めすぎる。こういう人は途中であきらめて挫折してしまう事が多い。

◼︎初めから稼げない、と決めつけないこと

副業しない人にありがちなのが『どうせ稼げない』とはじめから決めつけること。これでは何も始まりません

誰一人として全く同じ人生を歩んではいないので、自分がした何気ない経験でも、誰かにとっては意外と役に立つということはよくある。

せっかく身に付けた知識や経験を、多くの人に発信できたらいいのではないだろうか。

まず、本業でも副業でも言える事だけど、 できる手は全てやるべきです。 想像で「これはうまくいかないだろう」とか思ってる手段って経験がないとかただ感覚的にダメかもって思ってるだけで意外とうまく行ったりする。 だから、目の前にある手段や選択肢は全てチャレンジすべき。

◼︎誰にどんな価値を提供するか、顧客のターゲットを絞ること

起業にしろ副業にしろ、考えなければならない重要なことは、顧客ターゲットや分野を狭く絞り込むことです。

セグメントを狭く絞り込めば、そのマーケットの小ささゆえに、大手企業が参入してくる可能性は低く、競争も激化しにくいといったメリットがあります。

◼︎ターゲットを絞ることで大手と差別化できるという

たとえば、自分は英語が得意だから英会話スクールをやろうとしたときは、大手・中小規模を含めてたくさんのスクールがあり、大資本が派手に広告宣伝をしています。

「万人受け」を狙ったものは、結局ポイントがぼやけてしまいます。そして、ターゲットを絞って専門化した競合に負ける可能性が高くなってしまうのです

◼︎本業で突き抜けてみて、その先に副業が見えてくることも

1 2