1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼去年大ヒットを記録した

最近ハリウッドでは、音楽関係の伝記映画が勢いづいている。『ボヘミアン・ラプソディ』は世界興収9億ドルを突破。

フレディ・マーキュリーに焦点を当て、バンドの結成から1985年に行われた「ライヴエイド」でのパフォーマンスまでを描いた伝記映画である。

「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現。

ここ日本でも

公開週末から4週目週末まで興行収入が続伸しており、これは2010年代に日本で大ヒットした『アナと雪の女王』や『君の名は。』でも例がなかったと指摘されている。

そんな「伝記映画」ですが今後のラインナップがスゴい

▼世界的ヒット曲を持つアーティスト

楽曲「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」、ディズニーの長編アニメーション映画『ライオン・キング』のサントラを手掛けたことで知られる歌手エルトン・ジョン。

シングルとアルバムの総売り上げは2億5千万枚から3億枚以上とされており、これは「史上最も売れたアーティスト」で5位の記録とされる。

そんなエルトン・ジョンの半生を描いた

彼の歌は、なぜ時代を超えて愛されるのか。エルトン・ジョンの音楽と人柄を描いた話題作。

両親から満足な愛情を注がれずに育った不遇の少年時代を経て、並外れた音楽の才能でまたたく間にスーパースターへの階段を駆け上がっていったジョンの半生を、栄光の裏にあったさまざまな困難や苦悩を混じえてドラマチックに描いている。

▼「カーマは気まぐれ」などのヒットでお馴染み

1980年代に「カーマは気まぐれ」や「イッツ・ア・ミラクル」などのヒット曲を飛ばした英バンド、カルチャー・クラブのヴォーカル、ボーイ・ジョージ。

奇抜なメイクと独特のハイトーンボイスを駆使した楽曲でヒット曲を連発。

ボーイ・ジョージの伝記映画が製作決定

「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」「ヒッチコック」のサーシャ・ガバシが監督・脚本を手がけ、「クリード」シリーズのケビン・キング・テンプルトンがプロデュース、ジョージ本人が製作総指揮を務める。

1 2