1. まとめトップ

錦織圭以来の衝撃だ…望月慎太郎のウィンブルドンジュニア優勝の快挙に、称賛の声が!!

遂にテニス界に新生が現れたようです。望月慎太郎選手が、ウィンブルドンジュニアで優勝して話題になっています。決勝進出すら日本男子史上初の偉業ですが、優勝は錦織選手以来の衝撃といわれています。今後の快進撃がとても楽しみですよね!!

更新日: 2019年07月16日

1 お気に入り 1163 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

遂に日本人がやってのけた!!

大会第8シードの望月慎太郎(Shintaro Mochizuki)は6-3、6-2でカルロス・ヒメノバレロ(Carlos Gimeno Valero、スペイン)を下し、日本選手として初となるジュニア男子の四大大会(グランドスラム)タイトルを獲得した。

16歳の望月は今大会が自身わずか3度目のグラスコート大会だったが、日本男女通じては1969年の女子シングルスを制した沢松和子(Kazuko Sawamatsu)以来となるウィンブルドンジュニア優勝の快挙を成し遂げた。

また、この日の1番コートのように大勢の人の前でプレーすることには慣れていないと認めた望月は「僕はシャイだから、『なんでやらないといけないんだろう?』と思った」「本当にたくさんの人が来ていたから少し緊張した」と語った。

それでも「楽しかった」と付け加え、ひとたびコートに立つとジャンピングスマッシュを放って観客を喜ばせた

望月は「あれはビッグチャンスだったから、遊びでやってみた」「簡単なボールだった。とにかく自分を見てくれている人を楽しませたかった」と続けた。

松岡・錦織両氏も称賛

望月慎太郎さんはあの錦織圭さんが死傷と慕う松岡修造さんの「修造チャレンジ」の経験者だといいます。

その中でも「トップジュニアキャンプ」はは世界で戦えるトップ選手を育成するために集められた選りすぐりの選手ばかりだそうです。

全日本小学生とか全日本ジュニアや全国選抜ジュニアの優勝・準優勝クラスでないと参加できないとされています。とんでもなくレベルが高いですね!

松岡さん歓喜です。

これを受けて、錦織圭は同日に自身のツイッターで望月を祝福した。

試合後の会見で、望月は錦織について「本当に素晴らしい人。

アカデミーで彼(錦織)はたくさんのアドバイスをくれる。時には彼と練習もしていて、学ぶものがたくさんある」と語った。

今後の活躍に期待したい

決勝進出すら日本男子史上初の偉業でしたが、16歳という若さでウィンブルドン優勝という金字塔を打ちたてています。

グランドスラム・ジュニアの部の記録としては、初出場の全仏オープンのベスト4に続いて、日本史上最高記録更新となるウィンブルドン2019の優勝。

これからの成長が楽しみな、錦織圭に続く次世代のスター誕生の予感が漂っています。

決勝戦、16歳の望月はマッチポイントではバックハンドのダウンザラインを決めて1時間1分で勝利した。

父の影響でテニスを始めたと明かした望月は「この人になりたいというのはないですが、自分の今やっていることを積み重ねて自分だけのものを作りたいと思っています」と今後についても述べた。

この調子でいくと、同じように17歳にはプロに転向することが予想されます。もしかしたらプロ転向の時期でも、錦織超えをしてくるかもしれませんね(IMGアカデミー留学も錦織より1年早かったですし)。

二人とも頑張れ~!!

称賛の声が続々

望月慎太郎選手、ウィンブルドン男子ジュニア優勝!! 勝利後の瞬間ですが、派手に喜ぶでもなく、それどころかペコペコお辞儀してます。 どれだけ謙虚なんですか。これはとてつもない大物になる予感。 おめでとうございます pic.twitter.com/BGfe4Xx99J

こんにちは。 どうにか(꜆ ˙-˙ )꜆やー!と起き、最低限の家事をして、ぽ~っとしております。 全英ジュニアテニスでの、望月慎太郎選手の優勝はスゴい‼ 錦織圭選手の練習パートナーをしたこともあるんだー。 落ち着いたコメントにも、これからの活躍を感じます✨ pic.twitter.com/or95gHv5FD

1 2