1. まとめトップ

【一人で閲覧禁止...だぞ!】田舎で本当に起きた怖い話(実話)まとめ

【田舎&帰省先】で本当に起きた怖い話を厳選してまとめました。

更新日: 2019年07月19日

8 お気に入り 28932 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【田舎&帰省先】で本当に起きた怖い話を厳選してまとめました。

【怖い話】サトウキビ畑のおばあさん

私の幼いころの話です。 私が小学校低学年の頃、私は毎晩同じ夢を見ていました。

沖縄の田舎に住んでいる私は サトウキビ畑に囲まれた場所で育ちました。

夢の中で私は伝統的な沖縄の瓦葺きの家に住んでいました。

家の周りはサトウキビ畑に囲まれており、 その畑の中でセミとりをしたりかくれんぼをして遊ぶ、 という夢でした。

かくれんぼをして遊んでいると迷子になり、 私の背よりも高いサトウキビをかき分け、 友達の名前を呼びながら探し歩く、そんなことを繰り返す夢です。

そして、サトウキビのザワザワ揺れる音以外は 何も聞こえないことに少し不安を抱きながら畑の中を進んでいました。

すると後ろからがさがさ音がします。

振り返ると恐ろしい形相をしたおばあさんがカマを持ち、 私めがけて追いかけてきます。

怖くなった私は夢中で逃げて、 おばあさんに追い付かれないようにして畑の陰に隠れました。

【怖い話】元カレの生霊

昔やってたカラオケ店のバイト先の先輩の話です。

先輩は見た感じスラットした モデルみたいな体型の綺麗な女性でした。

その先輩が私に、生霊っていると思う? と聞いてきました。

私は特に何も考えずに、 いないんじゃないんですか?と言ったら、 先輩は、私も生霊なんて信じてなかったけど最近、 生霊って本当にいるんだって思うような 経験しちゃってと話し始めました。

先輩には以前すごい大好きな彼氏がいたそうです。

だけどその彼氏が、仕事で引っ越しすることになり 遠距離になるから別れようと言われて 別れることになったそうです。

その元彼が、お盆で、地元に帰省していたらしく、 久しぶりにご飯でも食べないかと連絡が来たので、 一緒にご飯をしたそうです。

【怖い話】小さな女の子からのメッセージ

よく心霊体験で「小さいおじさん」が隠れていた とか話しかけてきたという話をテレビで見ていて 私も会ってみたいなと思っていました。

我が家では父親を除き全員が霊感があります。

私の弟は幽体離脱が得意で 時々好きな所に遊びに行っていたそうです。

その弟が帰省した時に 「小さいおじさん見たいなぁ」と 何気なく言ったら

「俺、見た事あるよ」と 言い出したんです。

以前住んでいた借家で 私もいろいろ見た事はありましたが 小さいおじさんは見た事がないと言うと 「俺の時は小さい兵隊さんだった」と。

なんでも学習机で受験勉強していたら 教科書の下から出て来て 窓にへばりついていたそうです。

そんな話をしてからおよそ10年後、 私は「小さいおじさん」への憧れも 薄まっていた頃です。

深夜トイレに起きた私。

【怖い話】河川敷のキャンプで見つけた変なもの

GWに田舎の河川敷にキャンプに行ったときの恐怖体験。

会社仲間の男性2人、 女性2人でとある田舎の河川敷にキャンプをしようと計画し、 街中から車で2時間程の川の上流の山間部へ向かった。

そこは、民家もなくキャンプ施設などの無い、 自然の状態の少し広めの河原を探して場所を決めた。

一緒に行った女性の車の運転で、 夕方前にその場所に着いたので、 4人はテントを張り、BBQをして、 4人は少し浅瀬の場所で遊んでいたりした。

日が暮れると、いよいよキャンプの雰囲気が出てきて お酒も入り盛り上がってきた。

男性の一人が用を足すために 少しみんなと隠れたところ行ったとき、 変なものを発見。

それは、まだ新しそうな 子供用のビーチサンダルが川岸に浮かんでいた。

【怖い話】オレオレ詐欺

今や、電話を使った犯罪で最も有名な 「オレオレ詐欺」ですが、 そのオレオレ詐欺について怖い話をします。

ある若い男性(仮にAとする)は、 オレオレ詐欺で騙し取った現金を受け取る 「受け子(受取人)」をやっていたそうで、 その経験を使って個人的に犯行に及ぼうと思い立つ。 仲間を2~3人集め決行移った。

証拠が残らないように、 詐欺電話をかけたのは 田舎のある公衆電話からだった。

かけた先は、もちろん見知らぬ女性だった。

Aは、女性の息子を装い 「オレだけど、やばいことになっちゃって… 400万くらい用意してほしいんだよね…」と電話をした。

女性は「わかったわ」と電話を切り、 しばらくした後、Aのいる待ち合わせ場所に現れ、 現金をAの仲間である「受け子」に手渡しをして、 その場をあとにした。

Aは、その現金を仲間と折半し、帰宅した。 自宅に到着すると、テレビをつけた。

速報のニュースはこうだ 「強盗殺人、400万を狙って殺人か?!」 というものだった。

【怖い話】川を流れる子供たち

学校からの帰り道の出来事です。

私の通っていた小学校は、 自宅から徒歩で40分ほどかかる小学校でしたが、 毎日徒歩で通学していました。

行きは集団登校ですが、帰りは集団ではなく、 各々帰宅することになっていました。

私はいつも仲の良い友達と一緒に下校していたのですが、 その日は友達が学校を休んでしまい、 一人で下校することにしました。

歩き慣れた道ではありますが、 一人で歩く田舎の道は通る人も車も少なく、 夕方の薄暗い雰囲気は少し私を心細くさせていました。

帰り道には田んぼや畑が広がり、 街灯は一つもありません。

大きな川があり、いつも通り橋を渡っていた時、 ふと川を見ると沢山の子供が流れてくるのが見えました。

川の流れに乗って同い年くらいの子供が 川上から流れてくる様子から私は目が離せなくなりました。

【怖い話】死を招く踏切

私の職場の近くの踏切は 何度か飛び込み自殺があった場所です。

当時、私は夜の仕事をしていたため、 終電もなくなった後によくその踏切を渡っていました。

ある日、同業の女性の話を聞いて背筋が凍りました。

その女性をAさんとして、Aさんは仕事が終わり、 一人で家へ向かっていました。

繁華街とは言え、田舎町なので、 人はいなかったそうです。

そして例の踏切に差し掛かった時、 ハイヒールのかかとがレールの溝にハマってしまって、 膝をつくようにコケたそうです。

普通なら、レールの溝にヒールなど ハマるはずがありませんが、 とっさのことでそこまでは考えなかったとか…。

そして足を抜こうをレールに目をやると、 ヒールを掴む手があったそうです。

真っ赤な爪の横にはじっとAさんを睨む目が…。

恐怖のあまり声も出なかったAさんは 靴を脱ぎ捨て走って逃げたそうです。

【怖い話】見守り女神の像と僧侶像の恋

山口県の田舎道に小さな交差点があります。

現在は信号機が付いていますが、 20年位前までは信号がなく、 よく交通事故が起こっていたようです。

亡くなった方も何人かおられるようで、 地元の方が死者の霊を慰めるためと、 事故がなくなるようにと言う願いを込めて 真っ白な女性の像を建て「見守り女神像」と名付けました。

彫刻で顔が形作られていて美しい像なのですが、 ある時期から少しずつ顔が黒ずんでいきました。

顔から下は足元まで全く変化がなく白いままなのですが、 顔だけ、綺麗に塗りつぶしたように黒くなってしまったのです。

地元の方が誰かのいたずらかと、塗料で顔を白く塗りました。 しかし、暫くするとまた、顔面だけが 真っ黒に変色してしまうのです。

何度、塗り返しても同じ事の繰り返しです。

この像ができて1年ばかりが過ぎた時、 この像から100メートル程離れた所に建てられている、 お寺の僧侶の像の顔が変色していると気づいた人がいました。

お寺の境内にある銅像で全体的に黒っぽい色です。

ところが、いつの間にか顔だけ 色が剥がれたように白くなっているのです。

こちらのまとめもおすすめ...だぞ!

1 2