学校からの帰り道の出来事です。

私の通っていた小学校は、 自宅から徒歩で40分ほどかかる小学校でしたが、 毎日徒歩で通学していました。

行きは集団登校ですが、帰りは集団ではなく、 各々帰宅することになっていました。

私はいつも仲の良い友達と一緒に下校していたのですが、 その日は友達が学校を休んでしまい、 一人で下校することにしました。

歩き慣れた道ではありますが、 一人で歩く田舎の道は通る人も車も少なく、 夕方の薄暗い雰囲気は少し私を心細くさせていました。

帰り道には田んぼや畑が広がり、 街灯は一つもありません。

大きな川があり、いつも通り橋を渡っていた時、 ふと川を見ると沢山の子供が流れてくるのが見えました。

川の流れに乗って同い年くらいの子供が 川上から流れてくる様子から私は目が離せなくなりました。

出典【怖い話】川を流れる子供たち | 日本の都市伝説(怖い話)&未解決事件

続きを読む
https://xn--9oqx67ab2fnkbmy2he6h.com/?p=3744

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【一人で閲覧禁止...だぞ!】田舎で本当に起きた怖い話(実話)まとめ

【田舎&帰省先】で本当に起きた怖い話を厳選してまとめました。

このまとめを見る