山口県の田舎道に小さな交差点があります。

現在は信号機が付いていますが、 20年位前までは信号がなく、 よく交通事故が起こっていたようです。

亡くなった方も何人かおられるようで、 地元の方が死者の霊を慰めるためと、 事故がなくなるようにと言う願いを込めて 真っ白な女性の像を建て「見守り女神像」と名付けました。

彫刻で顔が形作られていて美しい像なのですが、 ある時期から少しずつ顔が黒ずんでいきました。

顔から下は足元まで全く変化がなく白いままなのですが、 顔だけ、綺麗に塗りつぶしたように黒くなってしまったのです。

地元の方が誰かのいたずらかと、塗料で顔を白く塗りました。 しかし、暫くするとまた、顔面だけが 真っ黒に変色してしまうのです。

何度、塗り返しても同じ事の繰り返しです。

この像ができて1年ばかりが過ぎた時、 この像から100メートル程離れた所に建てられている、 お寺の僧侶の像の顔が変色していると気づいた人がいました。

お寺の境内にある銅像で全体的に黒っぽい色です。

ところが、いつの間にか顔だけ 色が剥がれたように白くなっているのです。

出典【怖い話】見守り女神の像と僧侶像の恋 | 日本の都市伝説(怖い話)&未解決事件

続きを読む
https://xn--9oqx67ab2fnkbmy2he6h.com/?p=3754

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【一人で閲覧禁止...だぞ!】田舎で本当に起きた怖い話(実話)まとめ

【田舎&帰省先】で本当に起きた怖い話を厳選してまとめました。

このまとめを見る