1. まとめトップ

大学の「就職率」「難関国試合格率」はほぼ意味ない?余りにも酷い数字のカラクリ/twitterも

詐欺・捏造・ハローワーク・大学受験・就職活動・Fラン大学・就職先・アルバイト・派遣社員・家事手伝い・常識・医師・薬剤師・国家試験・卒業試験・受験生・高校生・高校3年生・首都圏私大・関西私大・愛知私大・嘘・就職希望者・早慶MARCH日東駒専大東亜帝国・関関同立産近甲龍摂神追桃

更新日: 2019年07月28日

1 お気に入り 2112 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【宣伝】

※全ての大学・専門学校が該当するわけではありません。

どうしても気になってしまう指標「就職率」

@nyanko_0811 1つの理由すらないから就職率高い大学行こっかなって思ってるけどもうよくわかんない

内定が貰えるも貰えないも、結局は自分次第!

…そもそも、就職率の高い大学=良い大学とは言えません。理由を説明します。

「就職率100%・高就職率」はどの大学でもやろうと思えば出来る。

方法① 派遣社員やアルバイトも就職した扱いにする

これは本当に経営が切羽詰まっている私立大学がよく使っている手法です。一部を除く大抵の人は「正社員」になるつもりで大学に来ているのにこれですよ…。

就職率=正社員率ではありません。
契約社員やアルバイトも含まれる数字が、ほとんどだと思います。
場合によっては、学生時代にアルバイトしていたコンビニでアルバイトを続ける場合も、就職としてカウントされることもあるくらいです。
また、女性の場合、自宅に戻って手伝いをするということで「家事手伝い」として就職者にカウントすることもあるみたいです。

※学校によって、就職者のうちの正社員数を開示していることもあります。こういう学校は信頼できますね。

方法② 就職を諦めた就活生を就職希望者の分母から除外する

「は?何言ってんの?」と思われた方、これは事実です。就職できなかった人は最初から「いなかった扱い」にするのが今の大学・専門学校なのです。特定の大学(私立大学、Fラン大学)はこんな無茶苦茶な統計の取り方をしているのです。「都合の悪い情報は隠蔽しろ!」これが当たり前なのです。この手法、そこそこのレベルの大学でも普通に手を染めているから恐ろしいです。

就職を諦めた人が多いほど就職率が上昇するというふざけた統計

 1つ目の問題点は非常にひどい話で、"就職内定率・就職率は10月1日59.9%→12月1日71.9 %→2月1日80.5%→4月1日93.6%というように上昇している"ため、10月1日に内定を貰っていなかった4割のうち3割以上が、4月1日には内定を取ったように見えます。

 ところが、実際には"途中で就職をあきらめた人などは、それぞれの調査時点における就職希望者数からは除外されていく"ため、93.6%は大嘘なのです。

 実際に調査を見ると、大学卒業予定者およそ55万人の中での"「就職希望者数」は42万5000人→41万6000人→40万6000人→38万1000人と減少している"ため、多くの人が就職を諦めていることが想像できます。

方法③ とにかく就職させる為に職業安定所(ハロワ)求人を薦める

実際にハローワークの求人を薦めてくる大学自体は稀ですが、まともな大卒求人で就職できなかった新卒が仕方なくハロワの求人で高卒(下手をするとそれ以下)の待遇で就職するという可能性もありますね。ハローワークさえ使えば大抵の人は就職自体はできますからね。

どんなブラック企業に就職しようが、就職は就職なので率に含まれますからね。就職率などという「無意味」な指標で大学を選ぶ事が如何に愚かな事かが分かります。

ハロワの新卒求人で、ある会社から内定があるんですが、面接の際に、「最初の2、3ヶ月はアルバイト・・・・」的な感じで面接の際に、説明があって、後日、時給は850円です。と電話が来ました。

正社員雇用のはずなのにアルバイト・・・?と話違うくね・・・・。求人票には試用期間3ヶ月とは書かれていますが、時給850円だとか試用期間中の労働条件の変更にも、変更有りとは書かれていません。

だんだん、不信感の方が強くなってきました。
この会社どう思いますか?

新卒でこんな怪しい会社に就職する羽目になる人もいます。

こんな現実があるのに、未だに「就職率」を売りにする大学が減らないのは、受験生を「カモ」としか思っていないって事なんですよね…。受験生をバカにしていると思いますよ。

就職率だけはやたらと良い大学なので、このへん手厚いのかな〜といった感じ。

あ~大学の思う壺。就職率「だけ」はね…。

1 2