MMTとは簡単にいえば「自国通貨建てで政府債務を拡大させれば、物理的な生産力の上限まで経済を拡大させることができる」という考え方である。

出典話題の「MMT」がトンデモ経済理論と言えないこれだけの理由(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

財政赤字で政府は破綻しない!MMTの提唱者ケルトン教授が来日講演

ステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授が「現代貨幣理論」(MMT)の提唱者。7月16日に日本で講演をしている。消費税率引き上げは必要ないと述べた。

このまとめを見る