1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これで偽レビューも見分けられるぜ…サクラチェッカーの力が凄過ぎる!

ネットで買い物をするうえで、重要なのがネットのレビューで購入の参考にされる方も多いはずです。昨今は料理店のレビューも盛んですが、しかし昨今は偽レビューが巧妙になっているのも事実です。そんな中、サクラチェッカーという偽レビューを見分けるツールが開発されましたので活用してほしいです。

更新日: 2019年07月17日

30 お気に入り 19140 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネット通販で重要なのがレビューだ

中でも、多くの人が一度は利用したことがあるであろうインターネット通販は、外に出掛けなくとも、家の中で気軽に買い物ができる便利なサービスだ。

そして、大手グルメサイトやAmazon、SNS利用者の拡大に伴い、ネット上での口コミというサービスも比例して拡大していっている。

個人運営、企業運営と幅広く展開されていますが、全てに共通してレビューは重要です。

5,867人中、「インターネットで情報を見ている」と回答した3,807人のうち、オンラインの口コミについては、「よく見ている」と「たまに見ている」の合計で、75.9%の人が見ていると回答。

レビューが多いほど信ぴょう性が高まり、評価によってユーザーをそのネットショップで購入させる働きが生まれます。

逆にレビューがない、もしくは少ないと人が訪れていないサイトだと思われ、それだけで購入意欲を下げてしまうおそれがあります。

しかし結構やらせレビューがあるのではと、不安の声が

以前から「サクラが多い」「信用できない」などといわれてきたアマゾンの利用者による商品レビュー。

やらせレビューを行う悪徳業者の手口も日々アップデートされており、一昔前までは怪しい製品を見抜く方法として通用したTipsが、いまでは逆手に取られていることもしばしばです。

ITジャーナリストの三上洋氏は「業者側とレビュアーの関係が近くなっているため、さりげない“やらせレビュー”により、ステマ評価の手法はより巧みになっている」と語る。

やらせレビューは、自社製品の評価を上げる目的か、競合製品の評価を下げる目的、そのいずれかで行われますが、前者ならば最高点である「5」が、後者であれば最低点の「1」がつけられます。

わざわざやらせを行いながら、効果が薄くなる「4」「3」「2」を敢えてつける可能性は、まずないと言っていいでしょう。

指定以上の分量を書いても報酬は変わらないため、こうしたやらせレビューでは「どれも100字程度」「どれも5行分」といった具合に、文字数が横並びになる傾向があります。

そこで作られたのがサクラチェッカー、これで偽レビューを見分けられるかも!?

ネット通販のレビューの信頼性を見抜くサクラ発見器だとうたったサイトが公開され、関心を集めている。

まずは通販最大手のAmazonに特化しており、商品のURLをコピーして、サイト上の検索欄に貼り付けて使う。検索すると、サクラ度の分析結果も示される。

また、「信頼性の高いレビュー」も紹介され、このレビューでは、商品紹介で急速充電をうたっているが、実際にはそうならないと書き込まれていた。

サクラチェッカーは、様々な項目から分析しているという。具体的には、価格やショップの地域、レビューの日付、レビュー本文の日本語の怪しさなどだとした。

サクラチェッカーが必ずしも絶対に正しいとは言い切れませんが、怪しい商品レビューをそれなりの精度で検知してくれます。

様々な声が

こういった技術で、レビューサイトの運営がやっている点数操作やランキング操作を暴いたら面白そうだ。 ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度… #niconews news.nicovideo.jp/watch/nw565493…

1 2