ITジャーナリストの三上洋氏は「業者側とレビュアーの関係が近くなっているため、さりげない“やらせレビュー”により、ステマ評価の手法はより巧みになっている」と語る。

出典アマゾン・レビュー、“やらせ汚染”が深刻化…業者からレビュアーへの報酬支払いの実態 | ビジネスジャーナル

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これで偽レビューも見分けられるぜ…サクラチェッカーの力が凄過ぎる!

ネットで買い物をするうえで、重要なのがネットのレビューで購入の参考にされる方も多いはずです。昨今は料理店のレビューも盛んですが、しかし昨今は偽レビューが巧妙になっているのも事実です。そんな中、サクラチェッカーという偽レビューを見分けるツールが開発されましたので活用してほしいです。

このまとめを見る