1. まとめトップ

人気【ようかん(羊羹)作り方 レシピ】濃厚な味わいで美味しい♡簡単21選

小豆あんこ好きにはたまらない羊羹!定番からアレンジレシピまで。栗蒸し羊羹、練羊羹、粉寒天、ゼラチン、アガー。つぶあん、こしあん、さらしあん、白あん、缶詰。水ようかんと羊羹の違いとは。ヘルシー豆乳、いちご、抹茶、黒砂糖、ゴマ、コーヒー。おもてなし、お正月、和菓子、桜、秋、むちむち、ずっしり

更新日: 2019年07月18日

3 お気に入り 666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あんこが大好きな私がまとめました。

■ずっしり美味しい羊羹

「羊羹」と「水ようかん」の違いとは?

練り羊羹、蒸し羊羹、ういろうなどがある。

●練り羊羹:寒天で固める
●蒸し羊羹:小麦粉、葛粉などで蒸す

羊羹は餡や砂糖等で作る棹物菓子等の和菓子で、寒天を使って練り固めたものが練り羊羹で、煮詰めずに固めた物が水分の多い水羊羹です。

水ようかんの魅力はなんといっても、ふるふる柔らかい食感。そう、普通の羊かんと水ようかんの違いは、名前の通り「水」の配合が多いことです。つまり寒天の添加量が多いのが普通の羊かん、寒天が少なく柔らかい口当たりに仕上げたのが水ようかんというわけ。

■あんこ好きにはたまらない「羊羹」意外と簡単に作れます。

あんこの美味しさをストレートに味わうなら、練り羊羹が一番。餡の風味が仕上がりを決めるので、美味しい粒餡で作りたいですね

材料
つぶあん(ID:2113943)300g
寒天3g
砂糖100g
水100cc

https://cookpad.com/recipe/2161371

個人的には、柔らかく仕上げるのが好みです。口の中でほろりと崩れる、市販品ではなかなか味わえない食感のレシピです。
柔らかく仕上げるために寒天を少なめにしています。しっかりした食感がお好みであれば、寒天を5gに増やしてください。

袋入りの餡を使って、本格的な羊羹のレシピを作りました。ぜひ一度ご家庭でお試しください。

材料 (約15人分(約1.1kg))
こしあん1kg
粉寒天4g
水300ml

https://cookpad.com/recipe/4325099

粉寒天は必ず水から加熱してください。お湯にいきなり入れると寒天が凝固し溶けなくなります。粉寒天の他、棒寒天1本(8g)や糸寒天(8g)でも作れます。棒寒天や糸寒天は洗った後たっぷりの水に30分以上浸し、水気を絞り水500mlで煮溶かします。

甘さは控えめです。

材料 (10人分)
さらしあん 500 g
寒天粉 1包
水 500 cc
砂糖 250 g
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1300006848

羊羹クラスの甘さがお好みならば、あと50gは足す方が良いかと思います。

甘い小豆缶を使うのでとっても簡単に出来ます♬

材料
小豆缶200g
寒天4g
お水100cc

https://cookpad.com/recipe/433254

【超簡単】 材料を鍋で3~5分練だけ\(^▽^)/甘さは自分好みに調節して下さい。
ずっしりした羊羹って!時々、無性に食べたくなるんですよね~!

材料 (約500g人分)
粒あん 400g
レシピID: 1210005349参考に
三温糖or砂糖 約100g
★寒天パウダー 1本(4g)
★水 100ml
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1210005663

裏ごししながらあんこを加えるとよりなめらかな仕上がりになります。
氷水で冷ましながら混ぜることで、あんこが沈殿してしまうのを防ぎます。

基本の練り羊羹の作り方のご紹介です。
あんこの甘くてずっしりとした羊羹は、ご自宅でも作る事が出来ますよ。
焦がさない様にじっくりと練り上げたあんこを冷やし固めるだけなのでとても簡単です。
材料(1台分(12cm×7cm))

こしあん400g
水200ml
粉寒天4g
上白糖130g

https://www.kurashiru.com/recipes/50179a7f-ac19-4136-8b50-249e0e9de7a0

この分量で14.0×4.0の流し缶に1個できます。
半量にして、高さ2センチくらいの分量でもいいと思います。簡単漉し餡は:レシピID: 1720001065
材料 (5人分)
粉寒天 8グラム
餡 800グラム
砂糖(黒砂糖を20グラムくらい) 120グラム
蜂蜜 20グラム
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1720001486

「水羊羹」を手作りする時より、ちょっとだけ時間がかかりますが、簡単です。
「手作りこしあん」で、フードプロセッターで作る「漉さない簡単こしあん」を、紹介しています。

1 2 3