1. まとめトップ
  2. 雑学

食べ放題、飲み放題で元を取ろうとしてしまう性(さが)と現実

焼肉の食べ放題とか居酒屋の飲み放題などでつい「元を取ろう」などと考えてしまうことがあります。しかしながらそれらの行為は徒労に終わることになります。その理由と食べ放題、飲み放題で真に意識すべき心構えについてまとめました。

更新日: 2019年07月21日

7 お気に入り 32139 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

食べ放題とか飲み放題というとつい「元を取ろう」と考えしまう

貧乏性だから食べ放題とか飲み放題行くと元を取ろうとしてしまう

①ファミレスのドリンクバー

原価は1杯5円〜30円である

細かい計算は割愛しますが、このドリンクバーのドリンクの原価は、オレンジジュースなどは1杯20円、炭酸系は1杯5円が平均です。

ドリンクバーの原価一杯5円。だから元を取るには60杯は飲む必要がある。 bit.ly/T5O5Qy

②焼肉食べ放題

焼肉屋は専用の仕入れルートがあり、スーパーなどで売られている肉よりも全然安く仕入れている。

基本的に食べ放題の肉の原価はざっくり1グラム1円という。

つまり100グラム100円。

これって、スーパーで買う肉よりも安いですね。

カルビを1キロ食べても原価は1000円以下

牛タン、トントロなどは原価が高く100gで200円程度だという。
カルビは原価が安く100gあたり70円~100円くらいだという。

牛角の食べ放題は一人あたり2,980円なので、75円/100gと考えると、牛角のカルビを4kg以上食べなければなりません。

焼肉の食べ放題では、客が自ら焼くため人件費も抑えられ、約2kg以上肉を食べないと元を取ることができない。

「焼肉の食べ放題の場合、肉の原価は約1gあたり1〜1.5円」ってことは、 3000円なら2~3kg食べなければ元はとれない。 無理。。

③居酒屋の飲み放題

飲み放題での大体の原価

生ビール中ジョッキ 158円程度
日本酒 ワイン 1杯 150円程度
酎ハイ カクテル 1杯 40~50円

参照元
https://www.tnews.jp/entries/16206

飲み放題プランのあるお店ではだいたい1980円くらいが一般的ですが生ビールの原価は200円以下と言われており元を取るには10杯以上飲む計算になる。

実際に飲むのは1人平均4~5杯である

私が東京・新宿で14年間経営していたダイニングバー(20坪30席)での宴会飲み放題データでは、「平均1人当たり4.5杯」になっています。

つまり、飲み放題だから思い切り飲もうという人もいるでしょうが、と言って身体に無理をしてまでは飲みませんから、生ビール4~5杯が平均なのです。

2時間 飲み放題 980円!! 二杯頼めば元がとれる!! みたいな広告あるけど数字マジックすぎて笑った。原価を考えたら元はそう簡単に、とれないでしょ。

お店も商売なのでちゃんと利益がでるように始めから作ってあります

あらゆる経済活動において、基本的に客が元をとれることは決してないでしょう。

なぜならば、提供者は慈善事業を行っているわけではなく、利益を上げられるように値段を設定しているからです。

1 2