なかには、過去の判例などを参考にした上でも、独占禁止法にあたるか判断が難しいケースもあります。例えば、一つの視点として『該当行為が、競争回避型または競争排除型にあたるか否か』という観点で該当行為を評価するという考え方もあります。

出典独占禁止法とは|規制内容・罰則や法適用をわかりやすく解説|企業法務弁護士ナビ

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

元SMAP3人への圧力?独占禁止法違反!?ついに国が動いた

密かに噂されていたタブーがついに明らかになるのでしょうか・・・

このまとめを見る