1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

これは気持ち良い!卵の殻に穴を開けると殻剥きが楽になる!

おはようございます♪今朝はつけ麺です。こだわりは味付け煮玉子。半熟のゆで卵を醤油、味醂、お酒で漬けます。同じ分量で漬汁を作りましたが少し醤油辛かったので再チャレンジですね。新鮮な卵は丸い方にヒビをいれて爪楊枝等で小さな穴をあけると空気が出て殻が剥きやすくなりますよ♪ #試行錯誤pic.twitter.com/frf0RbHtbQ

ゆで卵の皮むきって面倒ですよね。実は、ゆでる前の卵に穴を開けるだけで、このイライラが解消されてしまうのです

穴を開けると剥きやすくなる理由は、卵の殻の薄皮と中身の間に空気が入るからだそうです。

ゆで卵を作る時は、最初に殻にお箸とかで小さな穴を開けてから茹でると殻がツルンとむけるようになる、と聞いてやってみたら本当にむきやすくなりました (これって常識なのかな?) 穴を開けた部分がプクーっとなったのはご愛嬌 #卵はひとつのカゴに盛るな pic.twitter.com/dduRzfnb1M

ゆで卵を作る時、 卵のおしりに穴を開ける あの100均グッズがなくても、 包丁の刃の直角のとこで 軽くコンコンってやって、 ほど良き大きさの穴を開けて、 あとはいつも通り茹でれば トゥルン!と殻がむけると知った 2019夏。いや春? pic.twitter.com/7iMAPx1QsT

家内が作ったオデンにゆで卵追加するのだ。 僕は殻に針で穴開けて沸騰してから投入9分茹でるです。半熟でキレイに剥けるからね pic.twitter.com/Iowk4E7URn

初めて殻に穴開けてゆで卵を作ったんだけど、めっちゃスルスル向けて気持ちよかった。 今回は冷蔵庫にくっつけてあるビスでやったけどなんかそれ用のやつを100円ショップで探そうかなぁ pic.twitter.com/GMG4ch3VFu

旨味もアップ!あさりの砂抜きにはお湯を使おう!

3月から旬です あさりです 昨日の夜のうちに買えなかったから お湯で砂抜きです pic.twitter.com/Q4cPrwAyCJ

あさりの砂抜きというと、塩分の濃度が3%程度の水に3~4時間、場合によっては一晩浸けておく、という時間のかかる方法が一般的ですよね。でも、あさりの砂抜きを早く行う方法に「50℃のお湯を使う方法」というのがあるそうです。

あさりを50度のお湯に入れると、ヒートショックを受けて、身を守ろうします。すると、水分を最大限に吸収し、身を殻から押し出してきます。その状態で強めに殻と殻をこすると、汚れや砂を一気に吐き出してくれますよ。付着した異物や汚れを排除しようとする挙動だと考えられています

アサリは50℃位のぬるま湯が1番砂抜きが早いんよね いつも計るのだるいからお湯沸かして適当に水入れて指突っ込める位の温度にしてる。 今夜は皿うどんとあさりの味噌汁と豆腐かなー昨日の切り干し大根残ってるし。 #りりままごはん pic.twitter.com/YxxOONm1ES

あさりの砂抜き、50度のお湯で洗うと10分くらいで終わるらしいです!早速実行する!

初めてお湯であさりの砂抜きをしましたが凄いですね。 お湯。

包丁なんて使わない!ささみの筋取りはフォーク1本で簡単!

昨日の戦利品のささみの小分けと下拵え。安く買えました うちは皆ささみ大好きだから助かる フォークでの筋取り方法と、ぐらぐらの熱湯に入れて蓋して放置する茹で方を知ってから、下拵えがものすごく楽でお肉も柔らか✨ pic.twitter.com/GVec6xLmf1

まず、ささみの端を観察し、筋を探しましょう。フォークを当てたら、筋をキッチンペーパーでつまんで引っ張ります~!

ささみの筋取りがどうにもうまくいかなくてクックパッドで検索したら、 利き手で太い筋を持って、そこの筋をフォークで挟むように置いてから利き手で筋を引っ張ると綺麗に取れる! って書いてあったからやってみた。 (破滅的に説明下手) 信じられないほど綺麗に取れた。。 クックパッド様様様様!!! pic.twitter.com/8HrxdbSzDk

ささみはフォークを使って筋を取るのがいいらしい ささみ大葉チーズフライ pic.twitter.com/pRhs5RHYsv

ささみの筋を包丁で取ろうとしたら掴むところからちぎれて結局フォーク使って取るのが最強だと感じた

お総菜屋さん直伝!揚げ物はバッター液で時短!

バッター液で初めて作ってみた‍♀️ カキフライサクサクだし、めちゃ楽で簡単❤️ 次から全部これでやろ〜 油ばちばち来るかと思ったけど大丈夫ですた pic.twitter.com/ZZT1D1wuwI

バッター液とは水や牛乳で小麦粉を溶いたものを指します。通常であれば、揚げ物をする際に小麦粉→卵→パン粉だった工程が、バッター液→パン粉になるので時短になるんです!

また、めんどうな調理工程が省けるだけでなく、お惣菜屋さんなどでも採用しているだけあって、お店で食べるようなサクサクな揚げ物が自宅で簡単に作れちゃうんです!

チャーハン、キスとカレイのフライ。 おととい買った半額魚をフライに。 バッター液ですごい楽。 pic.twitter.com/7I5izy4myc

1 2