1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

小松菜奈から三吉彩花まで!1996年生まれの女優が大活躍な件

1996年生まれにはドラマや映画で大活躍している女優が多数。大原櫻子『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』、小松菜奈『閉鎖病棟-それぞれの朝-』、池田エライザ『FOLLOWERS』、三吉彩花『ダンスウィズミー』ほか。

更新日: 2019年08月11日

4 お気に入り 9687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆今も続くさまざまな番組がスタートした「1996年」

◆そんな1996年生まれの女優たちが、いま大活躍していた

連ドラ初主演&朝ドラ初出演 音楽活動も順調

▼大原櫻子(1996年1月10日生まれ)

2013年の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインに抜擢。翌年には大原櫻子名義のシングル「サンキュー。」でソロ・デビュー。女優と歌手ともに活躍。2015年に『紅白歌合戦』に初出場。
https://tower.jp/artist/2206977

大原櫻子が、7月期のテレビ東京「ドラマパラビ」枠の『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』で主演を務める。今回が、ドラマ初主演で、自身初となるドラマ主題歌も担当。

現在放送中の連続テレビ小説「なつぞら」にて、ヒロインの奥原なつ(広瀬すず)の幼なじみで憧れの人である天陽(吉沢亮)の結婚相手・靖枝を大原櫻子が演じる。

全国ツアー<大原櫻子 5th Anniversary コンサート「CAM-ON! ~FROM NOW ON!~」>が5月21日、東京国際フォーラム・ホールAにて初日を迎えた。同ツアーは、全国10か所を巡り開催される。

ファンに向けて“ありがとう”と“一緒に行こう”と2つの感謝の思いを込めたベストアルバム『CAM ON!~5th Anniversary Best~』を3月6日にリリース。

映画女優としての地位を確立 快進撃を続ける小松菜奈

▼小松菜奈(1996年2月16日生まれ)

2014年公開の「渇き。」で映画初主演を飾り、第38回日本アカデミー賞などで数々の新人俳優賞を受賞した。2017年、マーティン・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」でハリウッドデビュー。
https://natalie.mu/eiga/artist/69471

スクリーンで圧倒的な存在感を放つ女優・小松菜奈。そのキャリアを振り返ると、4本のドラマ出演に対し映画は17本と、同世代の女優のなかでも飛びぬけて映画への出演を重視。

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」のデータに基づいた国内俳優の「2019年上半期・人気ランキング」。
1位:菅田将暉 2位:小松菜奈 3位:吉沢亮 4位:長澤まさみ

目覚しい活躍を続ける小松がこのほど、第18回ニューヨーク・アジア映画祭でアジアの若手スターに贈られる「ライジング・スター賞」を獲得。

2019年7月

今後も11月公開の『閉鎖病棟』、2020年初夏公開の『さくら』と、小松のスクリーンでの快進撃はまだまだ続きそうだ。

映画『糸』(2020年公開)にも主演

モデル出身女優として大活躍 MCから映画監督まで多岐に活動

◆池田 エライザ(1996年4月16日生まれ)

2009年に雑誌『ニコラ』のモデルとしてデビュー。その後、映画『みんな!エスパーだよ!』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、ドラマ『ぼくは麻理のなか』をはじめ、女優としてさまざまな作品に出演。
https://ananweb.jp/news/230869/

2018年に専属モデルを卒業したが、女優として躍進が続く。2017年はドラマ5本、映画3本に出演、2018年は何と映画7本に出演。

中谷美紀、池田エライザ共演による完全オリジナルドラマ「FOLLOWERS」は、2020年初頭に全世界190カ国に向けて独占配信される、新たなNetflixオリジナルシリーズ。

4月から『The Covers』(NHK BSプレミアム)でリリー・フランキーとともにMCを務め、映像作品以外での露出も増えている。

2018年から

池田エライザが、映画監督デビューを果たすことが決まった。福岡県田川市を舞台とした青春映画で、池田は監督のほか企画、原案も担当。撮影は2019年夏に行われ、公開は2020年を予定している。

1 2