知らないと損!増税前に買うべきもの・焦らなくてもいいもの

2019年の夏ボーナスは、増税前「最後のボーナス」なので賢く使いたいですよね。駆け込みでバタバタしたくないと、いま家電量販店では高額な家電が売れているようです。なかにはキャンペーンなどの関係で、増税後に買った方がお得になる製品もあります。チェックしておきましょう。

更新日: 2019年07月21日

122 お気に入り 171498 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

増税前に買ったほうがいいもの

増税前というだけでなく、家電にはカテゴリーごとにお得なタイミングがある。7月〜9月で買い時になるのはエアコン、冷蔵庫、洗濯機(ドラム式)、テレビ

東京五輪もあるので、4Kテレビはチェックしておきたい…!

遊園地のチケット・年パスも。

特にアミューズメントパークのチケットは値上がり傾向にあり、増税を機に更に値上がりする可能性が

歯のホワイトニング、矯正やインプラントなども増税前が良さそう。

ブランド品やApple製品など、あまり値引きをしないものは、増税前に購入を

ただし、分割払いやリボ払いにするのは避けて。

増税前に6か月分購入しておけば、増税後であっても、2%分の追加金なしで使うことが可能

ただしチャージしただけの場合、増税後に利用した分は10%の消費税がかかる。

焦らなくてもいいものは…

前回消費税がアップしたときは、買いだめする人が多かったですが…

スーパーなどは消費を落ち込ませないように特別な『セール』を展開する可能性があり、慌てて買いだめをするような必要はない

【ただし…】みりんや料理酒は調味料として使用する場合、分類上は酒類となり、税率10%になるので要注意

『環境性能割(燃費課税)』のかからないハイブリットカーや電気自動車であれば、消費税がアップしても差し引きプラスマイナスゼロに近くなる

増税後に車の売り上げが落ちたところで、大きな値引きが期待できますので、そういった意味でも慌てずに増税後に購入した方が良い

車種にもよるので、ディーラーさんと相談して行動するのがベスト。

ややこしいですが「一部の省エネ家電」は、増税後の方がお得になるケースも。

たとえば、東京都では消費増税に合わせて「東京ゼロエミポイント」事業を実施。10月1日以降に省エネ家電に買い換えると、機器の容量などに応じて1台あたり1万~2万1,000ポイントがもらえる

(1ポイント=1円として商品券などと引き換えられる)

冷蔵庫を20万円で買い換えた場合、消費増税前なら4000円の節約だが、都民なら増税後のポイント還元によって、少なくとも1万2000円分が戻ってくる

実施要項などで対象となる製品や条件をしっかり調べておくことが大切です。東京都以外に住んでいる人も、自分の自治体で同様な制度があるかどうか確認してみましょう

1