1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

shibaryoさん

ホットヨガとは?

ホットヨガのリラックスは身体を温めることによるもの。

身体を温めることで筋肉がほぐれ、その結果リラックスした状態が生まれます。

ホットヨガは、室温39度、湿度60%程度の温かい室内で行うヨガのことであり、発汗作用や体を柔らかくしやすい点がメリットです。体の冷えによって収縮している筋肉を、室温で柔らかくするため、ヨガポーズをとりやすくなります。

ホットヨガは、スタジオ内の温度と湿度を高めた中でおこなうヨガです。体が芯から温まるのが早く、ヨガの効果がよく出ます。

新陳代謝が激しくなり、心身ともにスッキリする効果に期待できるのもホットヨガの特徴です。

のぼせやすい人はハタヨガにする、体の固さが気になる人はハタヨガから試す、ダイエットを目的とする場合にはホットヨガへ移行するなど、自分の目的に合わせて選びましょう。

温度を高めるのにストーブを使ったり岩盤浴のような床にしていたりとスタジオごとに設備の仕様が異なり、温度と湿度の設定もそれぞれ異なります。

お風呂場の床は大変滑りやすいため、ヨガマットを利用するなどして転倒に気をつける必要がありますが、お風呂場は他の部屋と比べて最も手軽にホットヨガの環境を作ることができます。

ホットヨガの効果

ホットヨガがもたらしてくれる効果は、エクササイズの中では最強かもしれません。

新陳代謝や基礎代謝が向上することに加えて、自律神経が整う期待もあることから、女性特有のつらい症状が改善してくることもあります。

基礎代謝そのものが上がる可能性があり、太りにくく痩せやすい体質を目指している人に最適です。

体がよりしなやかに動きやすくなります。血液循環が良くなり代謝が上がって、汗がたくさん出るのでデトックス効果も抜群です

高温多湿な環境で体を動かすことで、新陳代謝が高まるため、デトックスや美肌効果、疲労回復、肩こりや腰痛の緩和などの効果も得られるようです。

よく眠れるようになり、新たなストレスを感じにくくなる期待もあります。

ホットヨガはどこで出来る?

美容や健康に良いと話題のホットヨガを、自宅でも試したいという方もいらっしゃると思います。ホットヨガは室温を38~40℃程度、湿度を55~60%程度に保つことができれば、自宅でも楽しむことができると言われています。

お風呂場で行う場合、浴槽の中でやると良いポーズ、洗い場でやるもの、浴槽の縁を使うものなどお風呂場ならではのポーズがたくさんあります。

気温や湿度がそこまで高くならない季節の場合には、ヒーターやエアコン、加湿器などを上手に活用したり、お風呂場を利用したりすることで、自宅でもホットヨガを楽しむことができます。

ホットヨガは、常温ヨガよりも高温・高湿のスタジオでヨガをするため大量の汗が出ます。

1 2