1. まとめトップ

京都アニメーション放火事件を笑って話したと炎上した日本火災学会会長 吃音症だったと判明

京都府京都市伏見区桃山町因幡 六地蔵駅近く京都アニメーションスタジオで爆発火災 男がガソリンのような液体をまいた 放火した疑いで身柄を確保されたのは、さいたま市の青葉真司容疑者(41)

更新日: 2019年07月19日

6 お気に入り 316538 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

▼10時35分頃 京都府京都市伏見区桃山町因幡で火災発生

33人死亡、放火事件の犠牲者数としては平成以降最悪に

18日午前10時35分ごろ、
京都市伏見区桃山町の京都アニメーションのスタジオから出火。
京都市消防局によると、建物が全焼し、
重傷者を含む複数の負傷者が出ているという。

出火当時、建物には従業員など
およそ70人がいたとみられていて、
消防によりますと、33人の死亡が確認されたということです。
男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明。
また36人が病院に搬送され手当てを受けています。

火災の原因は放火、液体を撒いた男は確保。他にも現場に刃物を持ち込んでいた

事件直前近くのガソリンスタンドで
携行缶に入れて40L購入していた人物がいる

男が建物内に入り、1階で「死ね」と叫んで
ガソリンとみられる液体をまいて火をつけた。
男は府警が身柄を確保したが負傷しており、
市内の病院に搬送された。

警察によりますと男は持っていた免許証から、
41歳とみられるということで、
警察は放火の疑いで調べています。

現場には、ポリ容器が残されており、
男がガソリンを入れて持ち込んだとみている。
他に刃物も残されていたという。

会社は昭和56年創業で、京都府宇治市に本社があり、
社員数は160人ほどで、「けいおん!!」や
「涼宮ハルヒの憂鬱」などの
有名なアニメーションの製作を手がけています。
ほかに、関連するグッズの販売や、
アニメーションを作るスタッフの養成などを行っている

犯人は確保時に「パクリやがって」と叫んでいた

▼火災現場から中継していたグッディ

電話で火災について笑いながら説明した、日本火災学会の会長がひどいと批判が殺到

会長「燃料の量は関係ないと思います。可燃物が多かったと言う事ですね」

会長「大きな窓が、真ん中の窓が、、、(半笑い)」

会長「ここは、だから、、、激しく燃えた(半笑い)」

会長「屋上にペントハウスっていうか、奥のほうに見えますけど、ここの扉の所には煙が見えないので、屋上に行った人がいないかと言う事だったんですが、ここから屋上に出た人がいるかもしれませんね(半笑い)」

1 2 3