アスペルガー症候群の症状は、大人と子どもで共通していて差はありません。発達障害であることから、子どものころから症状が持続しています。ただ、幼いころに周囲のサポートなどが密で症状があまり問題とならない環境だと、アスペルガー症候群と気づかれないまま大人になってしまうことがあります。

出典アスペルガー症候群の症状―コミュニケーションなどが苦手な発達障害 | メディカルノート

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大人になって気づくことも多い?大人のアスペルガー症候群の特徴

発達障害のひとつで、コミュニケーション能力などに偏りが見られるという特性があるアスペルガー症候群。自閉症との違いは、言葉の発達の遅れや知的発達の遅れがないと一般的にされています。また、大人になってアスペルガーと気づく人も多く、家族がカサンドラ症候群を発症するなどのリスクも高くなるようです。

このまとめを見る