アスペルガー症候群では、知的能力の発達に遅れはありません。しかし、言葉の使いかたが独特であるため、他人との意思疎通がスムーズに行われにくい傾向があります。

たとえば、本などで覚えた難解な言い回しを日常会話でも使うことがあり、年齢や状況にそぐわないことから「変わった人」と思われることもあります。

出典大人のアスペルガー症候群とは?対人関係やコミュニケーションはどうする?職場での困りごととは?家族や同僚の関わり方などを解説します | LITALICO仕事ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大人になって気づくことも多い?大人のアスペルガー症候群の特徴

発達障害のひとつで、コミュニケーション能力などに偏りが見られるという特性があるアスペルガー症候群。自閉症との違いは、言葉の発達の遅れや知的発達の遅れがないと一般的にされています。また、大人になってアスペルガーと気づく人も多く、家族がカサンドラ症候群を発症するなどのリスクも高くなるようです。

このまとめを見る