また、文脈や、言外に含まれる意図を読み取ることが苦手で、相手の発言を文字通りに受け取ってしまいがちです。同様に、相手の声のトーンや表情、身振り・手振りから真意を読み取ったり、ユーモアやお世辞、皮肉や比喩を理解することも苦手な人が多いです。

さらに、耳から入ってくる情報処理が苦手なために、視覚的な情報のほうが理解しやすいという特性もあり、そのため、会話についていけなくなることもあります。

出典大人のアスペルガー症候群とは?対人関係やコミュニケーションはどうする?職場での困りごととは?家族や同僚の関わり方などを解説します | LITALICO仕事ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大人になって気づくことも多い?大人のアスペルガー症候群の特徴

発達障害のひとつで、コミュニケーション能力などに偏りが見られるという特性があるアスペルガー症候群。自閉症との違いは、言葉の発達の遅れや知的発達の遅れがないと一般的にされています。また、大人になってアスペルガーと気づく人も多く、家族がカサンドラ症候群を発症するなどのリスクも高くなるようです。

このまとめを見る